トップニュース

2013年11月の記事一覧

服デ通信No.20

     **産業教育フェアー**


11月9日(土)・10日(日)に大宮ソニックシティで開催された産業教育フェアーの開会式で
ファッションショーを行いました。展示ブースでは授業で製作した作品の展示も行いました。
日頃の活動の様子を発表することができて、多くの方々にご覧になっていただき、生徒の
自信と誇りに繋がる貴重な経験をさせていただきました。
  
  「ファッションショーでのモデルのご挨拶」

   
 「ファッションデザイン・コンテスト入選作品」       「服飾手芸」       「課題研究の作品」



花丸 流経'sだより2013 vol.3

             英語スピーチコンテスト優秀賞

 10月29日(火) さいたま文学館にて、『第39回埼玉県商業高等学校英語スピーチコンテスト』が行われました。
 本校からは流通経済科2年生の菅原くんが「Recitationの部」に出場し、優秀賞という成績をいただきました。越総からの出場は今回が初めてです。


             (菅原くんの感想)
 
今回、英語スピーチコンテストにおいて、優秀賞を頂くことができました。
 コンテスト当日までの約1か月間、家や学校で先生と練習してきました。このコンテストは英文を暗唱するコンテストです。普段の勉強に英文を覚えることを加えるのは、なかなか大変です。しかし英文を覚えることで英語の基礎が身に付きました。
 このコンテストでは流暢さに加え、自分の言葉でどれだけはっきり内容を伝えられるいかが重要です。英語の得意な人はもちろん、苦手な人も参加してみて下さい。


 Recitationの部では決められた原稿を3分程度でスピーチします。評価基準は、聴衆が原稿の内容を明瞭に理解できるだけの声の大きさで話すこと、適切なイントネーションを含めて正しい発音で話すこと等があります。
                         

服デ通信No.19

    **スペシャリストに学ぶ**

 
 今週、1年生の「生活産業基礎」の授業で服飾デザイン科17期卒業生の関根彩乃さんを
お招きして、接客マナーについて指導して頂きました。関根さんは現在日本橋三越本店の
特選宝飾品部に勤務され、ブロックリーダーをされています。
 授業では販売員の心構えから、接客マナー、お辞儀の仕方、ペンの渡し方、笑顔の作り
方などを教えて頂きました。お話の中で、 「人の心に残る販売員を心掛けている」という
言葉が印象的でした。笑顔の練習では口角を上げるために「ハスキー」・「ウィスキー」
という発声を教わり、実際に全員でやってみました。本当にみんなの顔から笑顔があふれ、
とても充実した授業となりました。

      
                    「ハスキー」「ウイスキー」   「ペンは相手が取りやすいように渡す」
      
                     「おはようございます」    「お辞儀がとてもきれい」

学校 JGマガジン2013 vol.3

未来館見学の様子
情報技術基礎および工業技術基礎の授業の一環として、日本科学未来館を見学しました。
見学の目的は
『見学を通して情報通信技術、ロボット技術を含む最先端技術に触れるとともに、他分野に
おける科学技術とのつながりも学ぶ』となっており、グループ活動や団体プログラムを行いま
した。グループ活動では、決められた展示エリアで見学、展示解説員と対話しながらワーク
シートをまとめ、グループ内で発表を行いました。団体プログラムでは、【”聞く”プログラム
「どうするエネルギーの選択」】
で科学コミュニケータの話を聞き、ワークシートをまとめました。

生徒の感想 ~見学報告書より抜粋~

◆たくさんの人に分かりやすく最新の技術を伝えていて、情報を発信するのに
 とても参考になった。

◆プレゼンテーション演習を行って、説明が足りず伝えたいことを伝えきることが
 できませんでした。説明する力と相手にわかりやすく説明する力は、今後生き
 ていく上で必要な力なので身につけていきたいです。

◆最初は「楽しみ」だとかそういう気持ちがあったけれど、見学して行くうちに、
 「もっと勉強したい」「もっと知りたい」と感じるようになって、意欲も学べたかな
 と実感しました。

分野別進路講演会

6時間目に分野別進路講演会を実施しました。
就職・公務員希望、大学・短大希望、専門学校、進路希望未定者の4グループ毎に外部講師の先生方をお迎えして「社会人としての心構えについて」「就職を見据えた進学先選び」等についてのお話をしていただきました。
希望の進路の実現に向けて、勉強や部活動に取り組むとともに進路の情報について調べ、今から準備をしましょう。