トップニュース

2012年5月の記事一覧

服デ通信 No.2


     **授業風景**

 
各学年の授業の様子を紹介します。
 
≪1年  被服製作≫
 基礎縫いがほぼ終了し、ミシン縫いが始まります。今日は、下糸(ボビン)の巻き方と
ボビンケースのセットの仕方を学習しました。本学科では、職業用ミシンを使っています。
中学校の家庭用ミシンに比べて性能が格段上です。正しい使い方をしっかり身につけて
ほしいです。 
        
   「先生の説明を熱心に聞く生徒達」      「自分で挑戦」
 
  
≪2年 ファッションデザイン≫ 
 社会人講師の平松先生からご指導を受けるデザイン画の授業が始まりました。服飾デザイ
ン科に入学した多くの生徒が、一番楽しみにしている授業です。今日はコンテスの応募作品を
描きました。年間15種類のコンテストに出品していきます。
 
    
 
 
 
≪3年 ファッションデザイン≫
 昨年同様、コンテストの応募作品を描いていく授業です。今回は被服製作とリンクして、
社会人講師の平松先生にジャケットの仮縫いをしていただきました。先週は衿つけ、今週
は袖の仮縫いです。先生から「とても綺麗に仕立てられている」とおほめの言葉をいただき、
みんな嬉しそうでした。
 
         
         「緊張して立っています」  
 
 

お知らせ 進路ニュース

3学年進路説明会
 
5月12日(土)に進路説明会を実施しました。今回は、保護者の方々にもご参加いただき就職
説明会と進学説明会に分かれて行いました。
 
就職希望者には、本校進路指導主事による「就職決定までの流れと手続きの仕方」について
の講演を行いました。

就職説明会の様子

 
大学・短大進学希望者は、本校進路指導部による「進路決定までの流れと手続きの仕方」につい
ての講演と、外部講師をお招きし小論文講演を行いました。志望理由書の書き方について講演し
ていただきました。

小論文指導の様子

 
専門学校進学希望者は、本校進路指導部による「進路決定までの流れと手続きの仕方」について
の講演の後、分野別に分かれ専門学校講師による学習内容等の講演を行いました。ブース形式で
具体的な学習内容や就職先についてのお話をいただきました。
分野別講演1 分野別講演2 分野別講演3 
 

お知らせ 進路ニュース

1学年進路行事
「より高度な専門性を身につけるための大学進学を考える」
 
5月12日(土)に、1学年進路学習を行いました。当日は公開授業を行なっており
保護者の方も一緒に参加されました。
今回は進学指導の一環として「より高度な専門性を身につけるための大学進学を考える」
をテーマに大学の先生による講演会を実施しました。
 
講演会の様子1 講演会の様子4
講演会の様子2 講演会の様子3
 
これからの高校3年間をどう取り組んでいくべきかを考え、高校3年間で身につけた専門知識・
技術の発展させるための大学進学について考えることを目的としています。
講演会は学科別に各教室に分かれ行いました。
 
講演内容
 
 ◇将来の職業選択をふまえ、これからの3年間をどう取り組むべきか
    絵文字:矢印 右専門科目への興味・関心を見出す
    絵文字:矢印 右専門科目を学ぶ目的・目標をもつ
 ◇高校3年間で身tにつけた専門知識・技術を、大学進学でどう発展させるか
 ◇大学進学へあたって、高校在学中にやるべきこと               ・・・etc
 
 
 
 

電機だより2012 3号

 ミニ新幹線E4MAX キャンベルタウンで運行!!

5月5日(土)のこどもの日に、キャンベルタウン野鳥の森「ふれあい動物フェスティバル」
イベントに電子機械科3年の課題研究班(電車班)と2年生の有志が参加してきました。

イベントには、4月の「出羽チューリップコミュニティフェスタ2012」と同様に、「E4MAXミニ新幹線」を
運行させ、延べ約400名の方に乗車していただきました。

フェスティバルは、ミニ新幹線の他にも移動動物園やモルモットウォークなどがあり大変賑やかでした。

       
 
〔お詫び〕
当日は、車両トラブルがあり、多くの方々に大変ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。
今後、このようなことがないように整備ならびに改良をしていきたいと思います。

服デ通信 No.1

 **25期生ショーテーマ決定**

 
 25期生による今年度のファッションショーの準備が着々と進んでいます。
テーマが「七つの大罪」に決まり、クラス全員がそれぞれ自分が表現したい罪を1つ選び、
デザイン画を描きました。
「七つの大罪」 傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲 からインスピレーションを受け
たデザインが表現されています。
 
 今後、これらのデザイン画が、どのような服になるのか大変楽しみです。
文化祭では一般公開も致しますので、多くのお客様のお越しをお待ちしております。
 
 
         
  「社会人講師平松先生からのご指導」   「真剣に絵を見つめる様子」