トップニュース

2011年11月の記事一覧

服デ通信No.22

     **コンテスト結果**

 ヨコハマファッションアワード2011  (ヨコハマ f カレッジ主催)

 テーマ  「願いをカタチに」

  
 応募総数1096点の中から43点が選ばれ、本校生3人が11月5日(土)の最終審査会に
臨んだ結果、以下の賞を受賞いたしました。
 

    金  賞    3年 山口 友理

  審査員特別賞  3年 池田ゆうみ

    佳  作    3年 加藤 美咲

  
       
      金賞 山口友理           
 
       
   審査員特別賞 池田ゆうみ          佳作 加藤美咲
 
 

第21回ファッション画コンテスト (目白ファッション&アートカレッジ主催)

テーマ  「ファッションワールド」

 

グランプリ    3年 池田ゆうみ

 金 賞   3年 神前恭乃    3年 山口友理

 銀 賞   3年 久保田さおり  3年 濱田怜実

 佳 作   3年 加藤美咲    3年 鈴木三奈   3年 田代実花

        3年 渡辺 舞      2年 肥後夏希

 
     
 池田ゆうみ     神前恭乃      山口友理     久保田さおり    濱田怜実
 

      
   加藤美咲     鈴木三奈      田代実花      渡辺 舞      肥後夏希
 
 
 
 

ノート・レポート JGマガジン vol.14

第21回埼玉県工業高校生アイディアロボットコンテスト
ライントレースロボットの部 4位入賞!!
参加した生徒達

平成23年11月6日(日)、第21回産業教育フェアで行われた第21回埼玉県工業高校生
アイディアロボットコンテストのライントレースロボットの部に、情報技術科3年生課題研究ラ
イントレース班が出場しました。コンテストはトーナメント形式で行われ、総勢16台が参加し
ました。

開会式の様子 競技前の調整
ライントレースカーとは、白または黒のラインに沿って走るロボットでセンサーによって光の反
射をとらえ、白と黒を判別しています。今回はひとり一台、ライントレースカーを製作しました。
車体を工夫したり、プログラムを工夫したりとそれぞれ開発を進めました。

競技の様子 トーナメント表
ゴール! 同校対決!
その結果、近藤くんの「1610号」が4位、鎌田くんの「かんそう号」が5位に見事入賞を果たしました。
入賞おめでとう!!

コンテストは終わりましたが、課題研究発表会に向け更に研究を進めてください。

11月12日(土)中学生電子工作教室について


11月12日(土)に実施します「中学生電子工作教室」の連絡です。
 
製作する電子オルゴール
 
 
1 日時    平成23年11月12日(土) 9:00受付、15:30終了

2 時程    9:00 ~ 9:30  受付
         9:30 ~12:00  製作①(はんだ付け)
        12:00 ~13:00  昼食
        13:00 ~15:00  製作②(プログラミング)
        15:00 ~15:30  発表、質疑応答、施設見学等

3 会場    本校 実習棟4階 情報技術科実習室

4 定員    中学生20名(申込先着順とさせていただきます)
         ※受付は終了しました。

5 費用    無料(本校までの交通費等はご負担下さい)

6 持ち物   筆記用具、上履き(スリッパ)、昼食

7 その他   保護者の見学も可能です。

問い合わせ先                    
埼玉県立越谷総合技術高等学校 情報技術科 田中 克典
TEL 048-966-4155  FAX 048-960-1185
E-mail kt.tanaka@ksg-h.spec.ed.jp
URL http://www.ksg-h.spec.ed.jp/

進路ニュース

1.2学年進路行事
 
昨日(11/8)に1.2年生の進路行事を行いました。
 
1学年は「3年生を迎えての就職活動報告」を行いました。
自分の進路についてまだ、漠然とした考えしかなかったり、考えてないものも多くいる中で、
進路について考える良い機会になったと思います。
 
詳しい内容や写真は続きをご覧ください
 
2学年では分野別進路講演会を行いました。
 
外部講師をお招きして、就職、大学・短大、専門学校、進路未定者の4つに分野を分け、それぞれについて講演を行いました。
 
分野別に進路を決める際の大事な点や何を今しておくべきか等について講演をしていただき、
半年後に迫っている本格的な進路活動に対しての心構えや事前準備等を考える良い機会になったと思います。
 
詳しい内容や写真は続きをご覧ください
 
1学年続き
大学科(工業・商業・家庭)の代表3名の3年生に自分の進路について話をしてもらいました。
 
1,2年次の学校生活の状況や、部活動等について話をしました。
また、どこに就職したのか、なぜそこに決めたのか、就職のためにどんな努力をしてきたか等も
話をしてもらい、1年生に対して、自分の進路を決めるのに『いま』何をすれば良いか、
何をしておくべきか等のアドバイスもしてもらいました。
 
           
 
 
2学年続き
 
就職希望者には企業の選択の仕方どういった基準で選ぶのか等について講演をしていただき
企業を選択する中で、自分にできること、自分のやりたいこと、企業の求めている物
この3つが主体となり、この中で自分の適性等を踏まえることが大切であるなどと講演していただきました。
講演を聞き、3つが一致する事は難しくすごく限られた企業になってしまうと思いました。
だからこそ今から自分にできることを増やし、やりたいことを考えておくことが大切であり、
企業を選ぶ際に多くの選択肢を増やすことにつながると思います。
 
           
 
大学、短大希望者には大学とは何をするのかやどんな授業があるのかなど
具体的にどんなことが学べるのか等について講演をしていただきました。
 
大学・短大は高校の授業が土台となっていて、そこからの発展、応用を学び、より高度な知識を習得する場となっています。
だからこそ『いま』何をしておくべきかについても説明していただきました。
受験に対する勉強をしておくことは、授業の予習、復習となり成績向上にもつながり
さらに大学に入学してから苦労しないためにも大切であるということが分かったと思います。
 
           
 
専門学校希望者には専門学校と大学・短大の違い等について講演をしていただきました。
 
専門学校とはどんなことを学ぶのか、同じ進学でも大学と何が違うのか等を説明していただきました。
 
専門学校が何校あるのかについて話があり、その90%が私立校であり、同じ専門内容でも学校によって授業内容や校則、校内の雰囲気の違いがあり、自分に合った学校選びが大切であることが分かったと思います。
 
            
 
進路未決定者にはどうやって進路を考えたらよいか等の講演をしていただきました。
 
なぜ進路が決められないか、自分の好きなものがわからない、自分や周囲に対する興味が薄いなどが原因で自分の進路が決められないものが多数いるそうです。
 
講演では、自分の好きなもの、興味のあるものを考えて、これからの進路を考える方法を説明していただきました。
講演を聞く中でどうやって進路を決めて行けば良いかがわかってきたと思うので、
自分の進路を決定する際の考え方の参考になったと思います。
 
            
 
 
 

服デ通信No.21

  **越総祭で最高の輝きを**

 
 服飾デザイン科の3年6組が、課題研究の発表の場として毎年行っているファッションショー
ですが、今年は、約1200人の方々のご来場をいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。
2日間で3回上演しましたが、回を重ねるごとにショーの仕上がりがブラッシュアップされ、
生徒達も大満足のようでした。 
 
   
   ブラックダイヤモンド           トパーズ               ルビー
 
   
    ダイヤモンド           アメジスト&オニキス      様々な宝石の集合
 
 これから本命の卒業作品発表会が、2月5日(日)に控えています。2着目の作品製作も
始まっています。
さらに完成度の高い作品を、披露できるよう努力していきますので、そちらも是非ご覧ください。
 
 

   **コンテスト入選**

 

第13回ユニフォームコンクール「千年大賞」

 一次審査通過 3年 根本美雪さん 「ケーキパーラーウエイトレス」

 
 全国から応募があった応募総数3,161点の中からサービスウエア―部門として
10点の中に選ばれ、これから作品の製作に入ります。
来年1月20日(金)に金沢で開催される最終審査会に出場します。