トップニュース

2010年6月の記事一覧

会議・研修 Commercial Message Vol.4


 課題研究中間発表会が行われました。
 6月14日(月)情報処理科3年生が標記の内容を行いました。本発表は11月26日(金)に行われます。当日は視聴覚室で、情報処理科の1・2年生や大学の先生方を前にして発表します。夏休みも活用して研究に取り組み、毎年素晴らしい作品ができます。今年も期待してください。
 <22年度研究テーマ>
「学校紹介DVD」「理想のテーマパーク」「学校紹介のシミュレーションゲーム」「クレイアニメ」
「サウンドロゴ」「パンの商品開発」「ポイントカード」「Visual Basic」

進路ニュース

外部講師による面接練習
 
6月7日から6月11日までの三者面談期間中の午後を利用し、就職希望の生徒に面接練習を行いました。入室の仕方、礼の仕方、椅子の座り方などの立ち居振る舞いを学び、自己PR・志望動機の質疑等を行いました。
 
5日間に3つの会場で個別や集団で外部講師の方に面接試験の心構えから、実際の面接試験での動き方等を指導していただきました。
 
 
講師の方が手本を見せ、生徒に分りやすく説明してくれています。
 
 
6月15日には、会社の人事担当の方が来校し、面接指導をしていただきます。
今回の面接練習で学んだことを活かしてほしいと思います。
 
 
 

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.5

レゴチームは、ロボットコンテスト『WRO2010』に出場するため
ロボットの研究・製作に取り組んでいます。

『WRO2010』は、自律型ロボットによるコンテストです。子どもたちが
それぞれロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競う
コンテストで、市販ロボットキットを使用することができます。
国内の決勝大会で勝ち抜くと、世界大会に出場することができます。

詳しくはコチラ絵文字:矢印 右WRO2010公式サイト

公式ルールが発表され、さっそく競技コースの製作を開始しました。
加工の様子
コース製作をするには、大きな木材を細かく加工する必要があります。
本校電子機械科のレーザー加工機をお借りして、材料の切断をしました。
加工機の操作の様子

          切断した材料を組み立て、コースが完成します。

           切断の様子
コースの製作が終わると、いよいよ本格的なロボット・プログラムの作成にはいります。
大会は9月に予定されていますので、夏休みまでが勝負です。がんばれ!!

服デ通信no.9

    **コンテスト結果報告**

  全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)で、
 3年生の梅村・板垣チームが一次審査を通過しました。
  現在は、8月22日(日)に青森県弘前市で行われる本選に向けて、
 一次審査を通過したデザイン画の服を製作していきます。
  授業の課題と重なって大変ではありますが、悔いの残らないように
 自分たちの力を発揮し作品作りに取り組んでほしいと思います。
 

        **授業風景**

 

 《3年生》

  服飾手芸の授業で、ステンシルでティッシュケースボックスを製作していま
 す。デザインに凝る生徒、配置に凝る生徒、色に凝る生徒などこだわりを持っ
 て作品作りに取りかかっています。本当にすばらしい作品ばかりです。
  出来上がったら廊下のショーケースに展示しますのでぜひご覧ください。
 
          
    型を切り抜く生徒たち             ステンシル作品
   

  《2年生》

   金曜日のファッションデザインの授業では「産業教育フェア」のポスターを製作
  しました。水曜日のファッションデザインの授業では「文化ファッションアワード」
  に応募する作品を描きました。入賞すると大きな自信につながるので、頑張って
  ほしいです。
 
                                     
                   色彩豊かな2年生の作品                                                 

  《1年生》

    「被服製作」の授業ではミシンの基礎縫いを行っています。端ミシン・折り伏せ
  縫い・三つ折りミシン・袋縫いです。シーチングの布が薄くて、生徒は縫いにくい
  ようです。糸調子も合わせて、まっすぐきれいに縫えて合格ですが、かなりの生
  徒が何度もやり直しをしています。基本が大切です。きれいに縫えるまで頑張っ
  てほしいです。 
                               
               生徒の部分縫いの作品

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.4

  情報技術科1年生は6月18日(金)に行われる『計算技術検定・3級』を
 全員受検します。
  計算技術検定とは、電卓を用いて複雑な計算を正確に短時間で行う
 技術を身につけることを目標にしています。
  四則計算、関数計算、実務計算の3種目に分かれていて、すべて70点以上
 でなければ合格となりません。
練習の様子
  情報技術科では、放課後の補講を毎日行い、全員合格を目標に
 日々練習に励んでいます。
  最初は、電卓の扱いに苦労していた生徒もだんだんと慣れてきて
 合格点に達する生徒が増えてきました。
電卓で計算

          <リンク>  (社)全国工業高等学校長協会