トップニュース

2013年10月の記事一覧

服デ通信No.18

  **越総祭で最高の輝きを**              

           NEXT ー 次へ ー

 
 服飾デザイン科の3年6組が、課題研究の発表の場として毎年行っているファッションショー
ですが、今年も、1200人以上の方々のご来場をいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。
今年のショーは、途中で服が何らかの変化をするという工夫を取り入れました。
2日間で3回上演しましたが、客席から拍手や歓声が挙がり、回を重ねるごとにショーの仕上
がりがブラッシュアップされ、生徒達も大満足のようでした。 
    
       

          

       
      

              
              
             
   

 このあと卒業作品発表会が、来年の2月2日(日)に控えています。2着目の作品製作も
始まっています。さらに完成度の高い作品を、披露できるよう努力していきますので、そちら
も是非ご覧ください。

  

電機だより 2013 第11号

      第26回 越 総 祭
        ~ 電子機械科企画 ~

10月26日(土)、27日(日)に文化祭が開催されます。
今年も電子機械科ならではの企画があります。
御来校の祭は、是非、お気軽にお立ち寄り下さい。

以下、電子機械科各クラスからのPRです。

【3年1組】
 《UFOキャッチャー》
  去年、大好評だったあのUFOキャッチャーが再び!!
  操作性・機能性・使いやすさが向上し、豪華景品あり!!
 《ストラップ販売》
  多くの先生方のご協力のもと、下記の写真を合わせて全11種類のストラップを製作しました。
  どれも魅力的で自動販売機で販売します!!
    
          ストラップ            レーザー加工機で製作

 《トロッコ》
  3年間の集大成として、クラスで協力し合いトロッコジェットコースターを作りました。
  最大の特徴は、より「リアルさ」を出すためにアイディアを出し合いより良いものを作り上げました。

【3年2組】
 《進撃のキヨシ》
  教室を暗くし、足もとだけ明るくします。
  そこに突然出てきた的をレーザーポインターの銃で狙い撃ちしてクリア時間を競います。
  クリア時間によって景品を配ります!!

【2年1組】
 《来てからのお楽しみ》
  何をやるかは来てからのお楽しみです
  マイコンなどを用いて色々なことをやります。
  もしかしたらレーザーを使った射的があるかもしれません。

【2年2組】
 《電機ダービー》
  マイコンで車のスピードを制御し競馬式ゲーム
  5台の車の順位を予想し、当たった順位によってポイントがもらえます。
 《木球の試練》
  木球を2本の棒の間隔を開け閉めすることで動かし、所定の場所の穴に落とすゲーム
  入った個数によってポイントがもらえます。
  ポイントは、お菓子に換えられるので、多くのポイントを取り、お菓子をいっぱいもらいましょう!!

【1年生】
 ミックスホームルーム企画(各学科から数名の生徒が集まり1つのクラスとして編成)

   ******** 御来校、お待ちしております ********

服デ通信No.17

    **コンテスト報告**

  第51回 全国ファッションデザインコンテスト 

                        佳作  2年 高峯 明美 さん

  ドレスメーカー服飾教育振興会杉野学園主催のコンテストにおいて、デザイン画
応募総数1,944点の中から25名が入選し、うち1名が佳作を受賞しました。    
     
                                                                     「10月12日に行われた表彰式」
  

    **コンテスト結果**

    第20回浜松シティファッションコンペ

                            (浜松市主催)

       一次審査通過  2年 鈴木里来さん

 全国から応募があった応募総数3,305点の中から30名に選ばれ、12月8日(日)に
浜松で
開催される最終審査会に出場します。

《喜びの声》
 今回のコンテストでは、浜松の綿素材を使用した服を作ります。デザインのテーマは
「郵便屋」です。綿素材を上手に活かした服作り
ができればいいと思います。先生方
に協力をいただきながら、初めて自分がデザインした服を製作できることに、とても
感謝すると共にうれしく思います。授業の課題と両立させながら精一杯がんばります。
 
                                          (鈴木里来)
 
                       

服デ通信 No.16

 

いよいよ今週末に迫りました    

**越総祭「ファッションー」公開時間**  

    

   26期生のテーマ  「 NEXT -次へ- 」

   

    10月26日(土)      14:00~15:00 (開場13:40) 

    10月27日(日) 1回目 10:00~11:00 (開場 9:40)

               2回目 12:00~13:00 (開場11:40)

    

   体育館にて一般公開いたします。「服飾デザイン科の3年間の集大成」とも
   いえるファッションショーを是非ご覧ください。

電機だより 2013 第10号

        全日本ロボット相撲大会 優勝!!
        ~ 関 東 大 会 ~

 力士に見立てた自作ロボットが競い合う「第25回全日本ロボット相撲関東大会」(富士ソフト、公益社団法人全国工業高校長協会主催)が10月5日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催され、合計162台のロボットが白熱した取り組みを展開しました。
 操作者が付く「ラジコン型」と自動操作の「自立型」の二種類があり、制限時間内に相手ロボットを土俵外に押し出して勝負を決めます。
 高校生の部と全日本の部の2部門が設けられ、入賞したロボットは全国大会に出場できます。
 本校からは、高校生の部ラジコン型と自立型にそれぞれ2台の合計4台が出場しました。
 その結果、自立型で優勝、ラジコン型で5位となり、11月24日(日)ものつくり大学で開催される全国大会への出場を決めました。

 【高校生の部 自立型 優勝】
   勝俣  航 (電子機械科 3年 メカトロニクス部)
      

                 決勝戦の動画  
     


 【高校生の部 ラジコン型 5位】
   栗田 慎之輔 (電子機械科 2年 メカトロニクス部)
      

              全日本ロボット相撲大会 絵文字:矢印 右 こちら

給食・食事 イトーヨーカドーでのお弁当販売について

埼玉県の高等学校で行われている実践的職業教育推進プロジェクトの一環として、
越谷総合技術高校と新座総合技術高校、杉戸農業高校、鴻巣女子高校が
イトーヨーカドーとお弁当の開発を行いました。

それぞれの生徒が考えたお弁当をイトーヨーカドー側にプレゼンテーションをしたり、
お弁当の内容や価格について担当の方と話し合って改善を重ねたりと、
5ヶ月あまり活動をしてきました。

その1学期のうちからの努力が実を結び、この度とうとう販売に至ることとなりました。



                 本校が担当した弁当

埼玉県産の食材を取り入れたいと考え、小松菜やさつま芋、葱などを使ったお弁当にしました。
また、最近話題の塩麹をつかって、銀鮭を漬けこみました。

お弁当を取り扱う店舗および各校の販売期間は以下のとおりです。

 【取り扱い店舗】  

 イトーヨーカドーアリオ 
●川越店●大宮店 ●春日部店 ●川口店
●浦和店 ●上尾駅前店●上福岡東店 ●深谷店
●新田店 ●加須店 ●錦町店●鷲宮店 
●久喜店●草加店 ●大宮宮原店 ●上尾店 
●坂戸店 ●和光店 ●三郷店  

【販売期間】
 越谷総合技術高等学校
 11月 6日~11月12日
 新座総合技術高校
 11月13日~11月19日
 杉戸農業高校
 11月20日~11月26日
 鴻巣女子高校
 11月27日~12月 3日

生徒が一生懸命考えたお弁当を、是非ご賞味ください。

文化祭の開催について(お知らせ)

    文 化 祭
       ~ 第26回越総祭 ~
 

 開催日時<一般公開>
        10月26日(土) 13時00分~15時00分(受付時間)
        10月27日(日)  9時30分~14時00分(受付時間)

※ 御来校の際は、受付をお願いします。
※ 当日は上履き(スリッパ)を御持参ください。
※ 文化祭の開催時間中、「越谷駅西口・越谷総合技術高校前」間のタローズバスを増便します。
  御利用ください。
※ 校内には駐車できません。また、学校周辺での路上駐車は近隣の迷惑になりますので、
  自動車での来校は御遠慮ください。

文化祭ポスター.jpg

家庭クラブ委員会


 

               交通安全キャンペーン


  本校ではLHRの時間を使って「無事に帰る」という願いを込めてカエルのマスコットを、全校生
 徒が1人1つ作成しています。今年は10月1日(火)の6限LHRの時間に家庭クラブ委員の指
 導のもと、カエルのマスコット製作を行いました。ブランケットステッチに苦戦している生徒もいま
 したが、皆真剣に製作していました。

               
      ケロヨン製作風景                 教えている生徒!          カエルのマスコット「ケロヨン」完成品

  製作したマスコット「ケロヨン」は10月18日(金)14時から生徒会と家庭クラブ委員が越谷警察と
 連携し、越谷駅周辺でドライバーや歩行者に配布し、交通安全を呼びかけました。地域の方々と普
 段あまり接する機会のない生徒たちにとってこの活動はよい体験になったと思います。
  またこの活動は開校してから28年間ずっと続いているもので、今後も越谷市の交通安全を祈願し  
 地域に貢献できる生徒の育成を目指し、この活動を続けていきたいと思います。

             
     学校での開会式         配布風景           駅での閉会式

学校 JGマガジン2013 vol.2

3年 課題研究中間発表会

発表会の様子
10月10日(木)に、3年生の課題研究中間発表会を行いました。
夏休み中もほぼ毎日登校し、それぞれのチームが開発・製作を進めてきました。
各チームとも完成まであと1歩という進捗状況でした。
また、ホームページ・ソフトウェア開発のチームは今年度も埼玉県工業高校生
プログラミングコンテストに応募しています。

ソフトウェア系・・・Webサイト制作、Androidアプリ開発、ゲーム制作、
          SNS開発、3DCG制作等
電子工作系 ・・・ライントレースカー制作、PIC制御による電子工作、
          レゴNXTロボット制作、Arduino制御による電子工作等

音楽 流経・情処タイムズ2013 vol.6

      スペシャリストに学ぶ 『ラッピング講習会』


 10月4日(金)本校の流通経済科・情報処理科の2年生を対象にラッピング講習会を行いました。
 毎年お世話になっている武田真理恵先生(ラッピング協会)にラッピングについて教えていただきました。


包装紙を箱の大きさに合わせて切るところから始まりました。
カッターの刃をどちらに向けるか、お客様への配慮も教えていただきました。
最初に教えていただいたのは『合わせ包み』と『タック入りの合わせ包み』です。
      

      

次に『ななめ包み』です。
一般的だけど、少し難しくきれいに包むには練習が必要です。
      

    


一部抜粋
(流通経済科 Aさん)
 このラッピング研修は、この学校に入った時からとても楽しみにしていました。ラッピングはただ商品を包んで綺麗に見せているだけだと思っていました。しかし、お祝いの時の包み方や、不祝儀の時の包み方など、状況によって包み方を変えるということを知り驚いています。 
 斜め包みは見ているだけでも難しそうで自分にできるのかとても不安になりました。私は、これを早く包めるようになるにはたくさん練習をしなければならないと思いました。どんな時でも失礼のない包み方なのでこの包み方はできるようになりたいです。

(流通経済科 Kさん)
 今回のラッピング講習でたくさんのことを学ぶことができました。普段ラッピングについてあまり深く考えたことがなかったけど、お客様のために注意しなくてはいけないことが、いろいろあって驚きました。 カッターの刃を自分の方に向けるようにしたり、用紙の切れ端を少し折ったりするのは本当の気遣いだなととても感心しました。初めての作業でうまくできないところもあったけどラッピングの仕事にすごく興味を持つことができました。

(情報処理科 Tくん)
 ラッピングされている商品を開くことはよくあるけど、実際にラッピングをする側に立つとだいぶ難しいことを今日の講習で知りました。
 斜め包みは包むのに苦労しました。難しかったことは紙を中に折るところでした。中で見えないから適当でいいかと思ったけど、やはり綺麗にやりたいと思って綺麗に包みました。結局綺麗にできなかったので隣の子にやってもらいました。でも2回目のところは自分で折って綺麗にできました。今度ラッピングされているものを開けるときは丁寧に開けようと思います。

(情報処理科 Tさん)
 今回のラッピング講習を私はとても楽しみにしていました。講習でお客様に対する心遣いも学びました。包装紙を切るとき、カッターを使用しますが、お客様には刃を向けないようにするところなど、とても感激しました。以前、私がお店の方にラッピングをお願いしたとき、今回学んだやり方でした。私たちが気づかないくらい自然で、素敵だなと思いました。
 今回習った包み方や、頂いた資料のなかにかわいいラッピングの仕方などたくさんあったので、友達や家族へのプレゼントを贈るときやってみようと思いました。