トップニュース

2012年10月の記事一覧

電機だより2012 第8号

 ミニ新幹線E4MAX わくわく公園まつりで運行!!
            ~ in しらこばと水上公園 ~
 
 10月21日(日)、しらこばと水上公園で「わくわく公園まつり」が開催され、電子機械科3年の
課題研究班(電車班)と2年生の有志がミニ新幹線E4MAXを運行して来ました。

 当日のしらこばと水上公園は、とても天気が良く、午後の気温は27度もありました 絵文字:晴れ

 まつりは、ミニ新幹線の他、毎回人気でリピーターも多い「折り紙教室」やゲームコーナーもあり、
子供連れの親子で大変盛況でした。
 
          

平成24年度 表彰式・壮行会


12月29日(月)の午前中、文化祭の片付けをした後に全校集会が開かれ、表彰式と壮行会が執り行われました。
はじめに行われた表彰式では、壇上に上がって表彰されるのは代表者のみとなる賞もありましたが、総勢33名の生徒が表彰されました。表彰者詳細は記事の最後の部分に記載してありますのでご覧ください。
 
 
 
表彰式の後には教頭の話と生徒指導部主任による身だしなみへの注意等がありました。
 
   
 
  
 集会の最後に壮行会が開かれ、全国大会へ出場する9名の生徒の挨拶が行われました。
                           
   
                                                      
   
 
 
  
挨拶の後には教頭と生徒会会長より激励の言葉と激励費が贈られました。
                           
  
 
  
壮行会対象生徒に関しては、記事最後にある表彰者詳細の後半に記載してありますのでご覧ください。
 

○表彰 対象生徒
・男子バレー部 東部支部優秀選手
3年2組  仙石 拓哉
 
・華栄養専門学校 お弁当コンクール 銀賞
3年7組  齋藤 瑛里
 
・華調理製菓専門学校 スイーツチャンピオン2012 銅賞
3年7組  飯泉 祐衣
 
・生活をテーマとする研究・作品コンクール 優秀賞
3年7組  須賀 真衣
       青木 遥
       石川 百合子
       岡田 舞
       栗田 響
       澤辺 真帆
 
・同賞 佳作
3年7組  池上 音彩
       浅見 美穂
       稲葉 悠
       北村 唯
       小林 香文
 
・第20回 国際学院埼玉短期大学 味彩コンテスト 学長賞
2年7組   森田 実優
 
・同賞 テレビ埼玉社長賞
3年7組  広井 大輔
 
・同賞 全国農業協同組合連合会 埼玉県本部賞
3年7組  小村 真里奈
 
・同賞 東日本旅客鉄道株式会社 大宮支社長賞
3年7組  大矢 理沙
 
・経済産業省 後援 ジュニアマイスター ゴールド
3年3組  松田 潮流
 
・経済産業省 後援 ジュニアマイスター シルバー
3年3組  三浦 大輝
       井澤 大輝
       山本 雅人
 
・テレビ埼玉 高校生ロボットコンテスト 相撲ロボット ラジコン型部門 3位
1年2組  栗田慎之輔
 
・全日本ロボット相撲関東地区大会 ラジコン型部門
1年6組  小野木 慎也
1年7組  根本 一真
 
 ・同賞 自立型部門
2年1組  勝俣 航
3年1組  太刀川 裕也
 
・第29回埼玉県高等学校総合文化祭演劇祭り地区発表会 奨励賞
(第61回埼玉県高等学校演劇発表会 地区発表会) 
演劇部 全員
 
・ヨコハマファッションアワード2012 金賞
3年6組  塚本 梨花
 
・同賞 審査員特別賞
3年6組  星野 友紀
 
・同賞 佳作
3年6組  石澤 優有子
 
・倉敷ファッションフロンティア 審査員特別賞
2年6組  野松 由梨
 
・同賞 企業賞
2年6組  北口 葵 
 
○壮行会 対象生徒
 
・第20回 高校生ロボット相撲 全国大会 
11月25日(日) ものつくり大学(埼玉県行田市) ラジコン型部門
1年6組  小野木 慎也
1年7組  根本 一真
1年2組  栗田 慎之輔
3年1組  太刀川 裕也
 
・同大会 自立型部門
2年1組  勝俣 航
 
・第33回全国高校生プログラミングコンテスト
3年3組  佐藤 玲於
3年3組  吉岡 侑里乃
 
・第10回全国高等学校パソコンコンクール パソコン甲子園2012
3年3組  松田 潮流
3年3組  山本雅人
 
 
 

服デ通信No.18

   **コンテスト結果**

   第19回浜松シティファッションコンペ

                          (浜松市主催)

     一次審査通過  3年 藤原やえのさん

 
全国から応募があった応募総数4,105点の中から選ばれ、12月2日(日)に浜松で
開催される最終審査会に出場します。
 
《喜びの声》
 自分のデザイン画が、一次審査を通過したことにとても驚いています。また、高校生
が一人だけなのでとても緊張しています。今回の製作にあたっては、スカートのふくらみ
具合と胸と背中のドレープがポイントなので、その部分を上手に作れるようにがんばり
たいと思います。  (藤原やえの) 
 
               
 
 

  第24回全日本高校デザイン・イラスト展

             (NPO法人全国美術デザイン教育振興会主催)

     努 力 賞  2年 高橋 柊さん 「協力」

    東日本地区賞 3年 星 成美さん  「感じて、動く」    

 

   高校生デザイン画コンクール

                       (華服飾専門学校主催)

     入 賞  2年 佐藤由菜さん

     入 選  3年 塚本梨花さん      3年 星 成美さん

            3年 石澤優有子さん   2年 増田早也花さん

 

   高等学校ファッションデザインコンテスト2012

                            (名古屋学芸大学主催)

    スタイリング賞  2年 野松由梨さん 

               
  

  第12回mbfファッションデザイン画コンテスト

                       (前橋文化服装専門学校主催)

     mbf大賞   2年 野松由梨さん 

     田山淳朗賞 3年 榎本汐莉さん 

                    
        野松由梨              榎本汐莉 
 
                                

にっこり 越総祭への御協力ありがとうございました

                    -無事終了しました-
 10月27(土)、28(日)の両日に渡り、越総祭の運営に関しまして、ご来場の
皆様方には多大なご支援をいただき、厚くお礼申し上げます。
 今後も地域の方々に愛される学校として、努力してまいります。
 越総祭全般に関しまして、ご意見などございましたら、是非お寄せください。
    

越総祭「ファッションショー」のご案内

いよいよ今週末に近づきました。

**越総祭「ファッションショー」公開時間**

   25期生のテーマ  「七つの大罪」

   

    10月27日(土)      14:00~15:00 (開場13:40) 

    10月28日(日) 1回目 10:00~11:00 (開場 9:40)

               2回目 12:00~13:00 (開場11:40)

    

   体育館にて開催いたします。「服飾デザイン科の3年間の集大成」ともいえる
   ファッションショーを是非ご覧ください

興奮・ヤッター! 流経・情処タイムズ2012 vol.17

 

越谷市民まつり参加しました!!

 
 10月21日(日) 越谷市民まつりで「枝豆コロッケ」のお店を出店しました。
 流通経済科の課題研究という授業で、この班は商品開発・流通に関するテーマで研究を進めてきました。越谷産の枝豆を使用したことで地域活性化にも貢献しました。
 当日は天気に恵まれ、多くの来場者がありました。高校生が出店していたことで、たくさんの方に興味を持っていただき、ご購入していただきました。ただ、やはり素人ということもあり、準備が間に合わず長い時間お待たせしてしまう場面も多々あり、ご迷惑をおかけしてしまいました。それでも、温かい目でお待ちいただいたお客様方には大変感謝しております。    
 (出店した生徒の感想)
 市民まつりでは前日に準備ができず当日の早朝より仕込みを始めました。とても忙しく、戸惑いなどで9時から営業を開始するはずが、遅いスタートとなってしまいました。お客様を待たせてばかりで、販売の大変さ・一人ひとりの役割の重要さを痛感しました。今回は課題研究の一環として模擬店を出店しました。課題研究の成果と共に、とても良い経験ができたと思います。学生のうちでは経験できないことだと思います。大変でしたがとても楽しかったです。今後に生かしていきたいと思います。
 
                                      広報こしがや 市民まつり臨時特集号        

 
 朝 7時に集合し、準備を始めました。このときはまだ落ち着いてます絵文字:笑顔 
  
  お客さまがたくさんいらっしゃいました絵文字:笑顔絵文字:急ぎ    
  
  絵文字:急ぎ絵文字:急ぎ絵文字:急ぎ絵文字:急ぎ 
 
 
  笑顔で写真絵文字:キラキラでもものすごく忙しいんです絵文字:急ぎ 
 
  16時には完売しました ありがとうございました絵文字:よろしくお願いします 
  
 

10月の越総図書館の様子を紹介します。

  10月の越総図書館の様子を紹介します。
   
 中間テストの試験勉強が終わると、いよいよ文化祭準備に突入です。
 
           
       食物調理科の食文化班が、関係図書の展示をしてくれました。
 
        
 他にノーベル賞のiPS細胞の本や、福島原発事故関連の本も展示しています。

交通安全キャンペーン

 
  18日(木)越谷駅で家庭クラブ委員・生徒会・家庭部の生徒が

 ケロヨン(カエルのマスコット)を地域の方々に配布しました。

 この行事は開校以来続いており今年で27年目になります。今年も越谷

 警察の協力のもと地域の方々に交通安全を呼びかけ、全校生徒で製作した

 ケロヨンを 「無事に家に帰ってください」という気持ちを込めて手渡しました。
 
    
            勇気を出して地域の方々に声をかけて、手渡す生徒
  
          
         警察の方にケロヨン贈呈            駅での閉会行事
   
     
                    10月2日(火)6限LHRで全校生徒がケロヨンを製作しました。
 
              
    

会議・研修 流経・情処タイムズ2012 vol.16

 

平成24年度 流通経済科 課題研究 第2回中間発表

 
本発表のご案内
 今年度は本校 流通経済科を希望する中学生の保護者の方もご覧いただけます。詳細については11月17日(土)に行われる学校説明会でご案内いたします。
 
 流通経済科3年生の保護者の方へは、 生徒を通してご連絡させていただきます。
本発表:11月21日(水)
 10月19日(金)に流通経済科の課題研究、第2回中間発表を行いました。 (第1回中間発表はvol.6で紹介しています)
 この2回目は、パワーポイントを使用しての発表です。今回も発表時間は10分間。4月から研究をはじめ、研究内容も深まってまいりました。10分という短い時間で今までの成果をまとめるのは難しいようです。ですがどの班もまだまだ研究途中。本発表も10分間なので、この後さらに話し合い、伝えたいこと・研究成果をより明確にしていってほしいと思います。
 当日は大学教授もご招待し、講評をいただく予定です。
 

タ イ ト ル

内            容

1班

 電子マネー
~あなたはもう使ってますか?~
電子マネーのより良い使い方を企業に提案!

2班

 あなたは知ってますか?
~うつ病の実態~
うつ病患者への対処法を研究

3班

 タケイ食堂 タニタ食堂を研究し、自分たちでもメニューを開発!

4班

 地域活性化
越谷産の枝豆を使い越谷市民まつりに参加
10月21日越谷市役所周辺で枝豆コロッケ販売します!!

5班

 Low Cost Carrier
LCC(格安航空)はなぜ安い!?
旅行会社のツアーをLCCで旅したら、はたしていくら?

6班

 迫る!高齢化社会
高齢化社会がさけばれる今。
高齢者も楽しく働ける仕事を考えよう

7班

 レッツ サーチ ザ ブライダル
現代社会における未婚化を調査し、
歯止めをかけるための出会い婚活プランを提案! 

8班

 コミュニケーション能力
 ~あなたは言葉のキャッチボールが
出来ていますか?~
就職試験での経験を生かし、面接DVDを作成!
後輩へのアドバイス満載!
 

 

服デ通信No.17

    **コンテスト報告**

  第50回 全国ファッションデザインコンテスト

 ドレスメーカー服飾教育振興会杉野学園主催のコンテストにおいて、応募総数
1,855点の中から2名の生徒が受賞しました。
 

       佳作  3年 塚本 梨花 さん

       佳作  3年 藤原やえの さん 

     
  
       塚本梨花             藤原やえの        「表彰式 藤原やえの」
 
 

**越総祭「ファッションショー」公開時間**

  

   25期生のテーマ  The Seven Deadly Sins 「七つの大罪」

   

    10月27日(土)      14:00~15:00 (開場13:40) 

    10月28日(日) 1回目 10:00~11:00 (開場 9:40)

               2回目 12:00~13:00 (開場11:40)

    

   体育館にて開催いたします。「服飾デザイン科の3年間の集大成」ともいえる

   ファッションショーを是非ご覧ください。

服デ通信No.16

     **コンテスト報告** 

        倉敷ファッションフロンティア

 

    ユニフォーム部門審査員特別賞     2年 野松由梨 

       企業賞(尾崎商事(株))       2年 北口 葵

    
 10月13日(土)に岡山県倉敷ファッションセンターに於いて開催されたコンテストに、本校から
2人の生徒が最終審査会に出場しました。
 今回の「審査員特別賞」は、本来予定されていた賞ではありませんでしたが、審査員の先生方
からこの作品に対して「完成度の高さと高校生の将来性に期待した」と、いう評価を頂きまして、
異例の受賞となりました。「日本一のデザイナーを目指してこれからも勉強に励んで下さい。」と、
身に余るお言葉を頂戴し、大変うれしかったと共に今後のさらなる目標が明確になりました。 
 
ユニフォーム部門では、高校生の出場者は1人だけということからも伺えるように、レベルの高い
作品ばかりで、大変良い刺激を受ける事ができました。 
   
                「カメラマンのユニフォーム  野松由梨」 
                   
                「審査員特別賞 野松由梨 授賞式」 
 
                
              「企業賞  夏用の制服  北口 葵」 

学校 JGマガジン2012 vol.8

パソコン甲子園2012 全国大会出場!! 
 

本戦出場通知書

 パソコン甲子園2012にエントリーした情報技術科3年生のチームが、9月8日(土)
 に行われた予選の結果、本戦出場が決定しました。
 
 パソコン甲子園とは、コンピュータ理工学が専門の会津大学等によって主催・運営さ
 れ、高校生と高等専門学校生(3年生まで)がプログラミング能力をはじめ、情報処
 理技術におけるアイディアや表現力等を競い合い、その経験を通して知識と技術を
 高めるIT分野の全国大会です。コンテストはプログラミング・デジタルコンテンツ・モバ
 イル・一枚の絵(CG)の4つの部門で行われますが、プログラミング部門は全国一斉
 にウェブサイト上で行われる予選を通過した30チームが本戦出場となります。
 
本戦出場
チーム ドL(・’-・)」 ヤ
(情報技術科 山本・松田)
 
 本戦は11月10~11日、会津大学にて行われます。
 これまでの成果が発揮できるよう、応援よろしくお願いします!!
 

全国大会出場

 ロボット相撲関東大会が、10月6日(土)に幕張メッセにて行われました。
 
メカトロニクス部
 2年 勝 俣  君   自立型部門 にて 3位 入賞
   ※ 勝俣君は、昨年度ラジコン型部門にて全国大会ベスト16
     埼玉県初の両部門全国大会出場

 1年 小野木 君   ラジコン型部門 にて 4位 入賞
 1年 栗 田 君      同   部門 にて 6位 
  
 いずれも、関東大会を勝ち抜き 全国大会に出場 を果たしました。 

全国大会は、 11月25日(日) 行田市にある ものつくり大学にて 開催されます! 
 
 
 
 
 
 

給食・食事 調理実習レポート【10】

宛名&デザインコンテスト
 

季節はずれで申し訳ありませんが、夏休みの宿題についてです。
 
食物調理科では夏休みの宿題として、生徒に暑中見舞いを出させています。
これは筆書きの活用を目的としたもので、宛名を筆で書かせるのが決まりです。
届いた暑中見舞いから宛名の上手いものをいくつかピックアップして掲示をしました。
そして、生徒の投票によって1位3位を決めました。

以下が今回の1位3位に輝いた生徒のものです。
 
 
 
 
 
 
また、同様に暑中見舞いのデザインが優れているものもいくつか掲示しました。
そして、こちらも投票で1位~3位を決めました。
 
 
 
 
 
 
どの暑中見舞いも生徒のやる気個性を感じ、中には、意外な一面
を発見するものもありました。
また、条件として「2学期の目標を書くこと」というのも加えていたため、そちらも
興味深く拝見させていただきました。
目標に沿えている人も添えていない人もいますが、2学期も中盤に差し掛かりますので、
今一度自分の立てた目標を再確認してみると良いかもしれませんね。

笑う 流経・情処タイムズ2012 vol.15

                       スペシャリストに学ぶ「ラッピング講習会」

 
 
 10月5日(金) 本校の流通経済科・情報処理科の2年生を対象にラッピング講習会を行いました。
 講師は毎年お世話になっている、商業ラッピング協会認定講師の武田真理恵先生です。
 この日は、合わせ包み・タック入りの合わせ包み・斜め包みを教えていただきました。
            
     
                               
 店頭でよく包んでいただくのは、斜め包みです。販売員さんはお客さんの目の前で手際よく包んでくれていますが、結構難しく、綺麗に包めるようになるまでには練習が必要です。

                                                     (抜粋)
 (M. I さん)
 「すごく難しいな」と思いました。でもやっている人が、「こんな風に気遣いをしているんだ」と、実際にラッピングをしてみないとわからないことも発見しました。例えば、紙の端で手を切らないように少し折ったり、包装紙を切る際にお客様にカッターの刃が向かないようにすることなどです。またお祝い用の包み方があるなど、細かいところまで意識していて、それはすべてお客様のためであることが「素晴らしいな」と、思いました。
 ( K.I さん)
 今回のラッピング研修をして、もともと好きだったラッピングがもっと好きになり、販売職も悪くないなと思っています。今まで、ごく普通にラッピングされたものを受け取っていたけれど、これからはこのラッピングはどのように包んだのか、相手のことを考えたラッピングがされているのか、など、ラッピング研修で学んだことを確かめて見ようと思います。ラッピングをもっとうまく出来るようにして、私の考えたオリジナルのラッピングを見つけられたらいいなと思いました。
 
 (S.Aくん)
 僕は、ラッピングについて何も知識がなかったので正直「こんなもの真似すれば誰でもすぐできるじゃん」と、思っていました。しかし、一番簡単といわれているラッピングでさえうまく出来ず、細かいところまで手をほどこされていないといけなかったので度肝を抜かれました。けれど武田先生や助手の方たちがわかりやすく、丁寧に教えてくれたおかげで少々いびつな形ですが、今回の目標である ”箱を見えないように隠す” は達成できたのでうれしかったです。
 
 (M.Hさん)
 私はラッピングは2回目なのですが、やっぱりうまくいきませんでした。ピシッとした感じのラッピングにしたかったのですが、端がよれてしまって思った通りにできませんでした。ラッピングの難しさを改めて知りました。紙につつむだけなら簡単にできるな、と思っていたけど、やってみると紙からはみ出てしまったり、クシャッとしてしまったり、うまくいきませんでした。またカッターで紙を切る作業も思うより難しく使い慣れていないので髪がガタガタになってしまいました。ラッピングがきれいにできるようになりたいです。
 (T.Mくん)
 今回のラッピング研修を受けて、お店の店員さんが手際よくやっていたラッピングの難しさを実感しました。ラッピングはふだん気にしたことがなかったので、いろいろな工夫がされていて驚きました。・・・(中略)・・・最後の包み方(斜め包み)はもう何をやっているのかわからず、先生の説明を必死に聞いていました。それでもわからない部分を友達に聞いたのですが、友達もできなくて八方塞がりの状態になってしまいました。2時間だけの授業でしたが、就職を考えている自分たちにとってとても貴重な経験でした。
 

服デ通信

   **出前授業に行ってきました**

 
 10月10日(水)に越谷市立大袋中学校で行われた「キャリア教育講座」で、バラのコサージュを
製作しました。中学生は初めて使うロックミシンにドキドキしていたようですが、とても上手に縫って
いました。並縫いでぐしを入れる作業が難しい様子で苦戦していましたが、本校服飾デザイン科の
3年生にアドバイスを受けながら、きれいな形にまとめることができました。
服飾デザイン科の授業を体験して、今後の進路選択に役立てて頂けたらうれしいです。

       
 
        

JGマガジン2012 vol.7

- 情報技術科よりご案内 -

 大変お待たせをいたしました。10月28日(日)文化祭一般公開日に行われる「新企画・中学生対象プログラミング教室」の申込を、10月15日(月)よりWebページで開始致します。定員を定めていますのでご注意下さい。

 教室が終わったあとは、本校の文化祭をお楽しみ下さい。応募をお待ちしております。
 
 詳しくは、Webページ左上「新企画!中学生対象プログラミング教室のご案内(10月28日(日)開催)」をご覧下さい。

給食・食事 調理実習レポート【9】

第4回集団調理実習
 

10月11日に4回目の集団調理実習が行われました。
 
 
 
【上:集団A実習風景】【下:集団B実習風景】 
 
今回の献立は以下の通りです。
 

集団調理A(生徒向け:400円)
 
 

料理名

担当生徒のコメント

バターライス

お米はもっちり仕上げ、コーン、人参、セルフィーユで色鮮やかに作りました。

パンプキン
ハロウィンスープ

かぼちゃの甘味を生かし、ハロウィンらしく仕上げました。

ミートローフ

食感がよくなるように、何度も試作を行いました。星型の人参でかわいく仕上げました。

シーザーサラダ

油を使わず、ヘルシーに仕上げました。にんにくを程良く効かせました。

ピクルス

程良い酸味にし、大根、きゅうり、パプリカを使い、カラフルなピクルスに仕上げました。

ガトーショコラ

ガトーショコラはしっとりと焼き上げ、間にフランボワーズのジャムを挟んで仕上げました。
 
  
 
集団調理B(教員向け:600円)
 
 

料理名

担当生徒のコメント

ちらし寿司

一般的には絹さやが乗っていることが多いですが、今回は大葉です。中の具材を濃い目に味付けしているため、さっぱりと食べることができます。

松茸の土瓶蒸し

松茸の香りが引き立つよう、丁寧に美味しい出汁をとりました。

秋の前菜
五点盛り
【トマトピクルス】酢と砂糖を調節し、丁度良い味になるようにしました。
【ほうれん草の胡桃和え】くるみあんをくるみバターを使い濃厚なものにしました。
【さつまいも栗】さつまいもの生地を栗に見立てて揚げ、あんをかけました。イガには素麺を使いました。
【大豆の生春巻き】大豆の肉を使って健康的な生春巻きに仕上げました。
【菊花帆立】ホタテの風味を生かし、ゆずの香りをプラスしました。
鶏もも肉の
味噌漬け焼き

味噌が丁度良い味になるように、何度も試作を行いました。

蕪の銀杏豆腐

鬆が入らないように丁寧に蒸しあげました。また、蕪に合うように、あんの味付けに気をつけました。

抹茶ケーキ

抹茶のスポンジの間に柿ペーストとこしあんを混ぜた柿あんをはさみました。その上に抹茶クリームを塗り、さつまいもペースト、栗を乗せて秋らしさを演出しました。
 
回数を重ねるにつれて生徒も集団調理実習に慣れ、献立作成の面においても
各々こだわって作っているようでした。
ですが、慣れてきた頃にはミスも頻出するものなので、そうならないように
気をつけて取り組んでもらいたいと思います。 
また、今までの集団調理実習で学んだ協調性や視野の広さを、
10月27日、28日で行う文化祭 で生かしてください。
 
 
 文化祭では例年と同じく、弁当や菓子、パンの販売を行います。
今年は新作の菓子やパンが追加されます。
また、例年と同じものも献立は変わらないにしても、作るメンバーは
毎年変わりますので、その年その年の味を楽しんでいただければ幸いです。
調理の試作や接客の練習を重ねた成果を皆様にお見せできるよう頑張ります。
皆様のご来校、お待ちしております。

JGマガジン2012 vol.6

- 情報技術科よりご案内 -

 先日の10月6日(土)の第1回学校説明会におきましては、多数の中学生・保護者の皆様にご来校いただき、誠にありがとうございました。
学科別説明会でご案内させていただきましたが、情報技術科では今年の文化祭2日目にあたる10月28日(日)に「新企画・中学生対象プログラミング教室」を実施致します。この申込につきましては後日、Webページから行えるようにいたしますので、ご確認願います。

 この新企画に先立ち、同じ内容を少数定員制で文化祭前に行います。文化祭期間中はご都合の付かない中学生の方がいましたら、是非この機会に体験してみて下さい。

 お待ちしております。
 詳しくは、Webページ左上「新企画!中学生対象プログラミング教室のご案内(10月13日(土)開催)」をご覧下さい。


学校 JGマガジン2012 vol.5

  1年生 校外学習 -日本科学未来館見学-

9月26日(水)に、専門科目の授業の一環として日本科学未来館へ見学に行きました。
今回はグループ学習の形式で実施しました。それぞれ担当の展示エリアをあらかじめ決めておき、
各自で展示を見学し解説を聞きながらワークシートを記入します。決められた時間にグループごと
に集合し、班員がそれぞれ『すごい!』と思った展示場所に移動しグループ内でプレゼンテーショ
ンを行いました。
未来館見学の様子 

生徒の感想 -ワークシート・見学報告書より抜粋-
 
◇ 自分が見たこと聞いたことを言葉にまとめるのは難しいなぁと思いました。
  色々な展示があり、その中で何箇所か興味のある展示もありました。しかし
  いざそれを伝えようとすると、どうやって伝えようかと結構考えて、なんと
  か伝えることができました。もっと上手く伝えることができるようになりた
  いと思います。
 
◇ 今回、日本科学未来館へ情報技術科のメンバーで違うクラスの人と班を組ん
  で行動するということでしたが、同じ学科でもあまり話したことがなかった
  ので不安でしたが、同じ授業で同じ勉強をしているのですぐに打ち解けまし
  た。未来館では、いろいろな展示を見て、情報技術科の勉強になることがた
  くさんあり、特にASIMOやユニカブなどの最先端の技術が見れてよかっ
  たです。
 
◇ 小さい頃にも、一度来たことがありましたが、今回見学してみて以前とは違っ
  た見方で見ることができました。昔はただ『おもしろかった』かもしれませんが、
    今回はしっかりと意味のある見学で、理解することができたから『面白かった』です。
    特に、「インターネット物理モデル」の展示は、
   自分がいつも使っている通信の仕組みを詳しく知ることができてよかったです。

学校 JGマガジン2012 vol.4

ものづくりコンテスト電子回路組立部門 競技結果
 
ものづくりコンテストバナーものづくりコンテスト電子回路組立部門において、7月21日(土)に埼玉県
予選会、8月20日(月)に関東地区予選会が行われました。
 
この電子回路組立部門は、小さなコンピュータ(マイコン)で色々な部品を
プログラムで正確にコントロールできるかを競う競技です。今、私たちの身
の回りにはたくさんの家電製品がありマイコンによってコントロールされて
いる現実を考えると、今後もとても重要な技術の一つであり、その力を養う
ものです。
入力回路製作の様子1  入力回路製作の様子2
            埼玉県予選の様子
プログラム作成の様子 コンテストは、入力回路製作とプログラム作成の2つの競技があります。
入力回路製作は部品を「ハンダ」でつないで、マイコンに接続する基板を制作します。またプログラム作成は、入力回路をはじめとする複数の部品を正確にコントロールできるプログラムを作成します。
埼玉県予選会には情報技術科・電子機械科の生徒4名、関東地区予選会
には情報技術科・電子機械科の生徒がそれぞれ1名ずつ参加をしました。 
埼玉県予選会では、生徒全員が順調に入力回路を製作し課題に取り組め
ました。その結果参加者31名中、情報技術科3年の佐藤玲於君が4位と、
上位に食い込む健闘をしました。
関東大会 回路製作の様子
関東地区予選会では、情報技術科3年の佐藤玲於君と電子機械科3年の竹林直人君が参加しました。埼玉県予選会よりも難易度が高く、参加者も45名と多い中、佐藤君が3位入賞、竹林君が13位と健闘しました。
                 関東大会 プログラミングの様子   健闘した本校生徒
                                         関東大会の様子
各予選会に向けて夏休みを使って頑張ってきた皆さん、本当にお疲れま
さでした。この経験を今後に役立たせて下さい。

給食・食事 調理実習レポート【8】

第3回集団調理実習
 
 10月4日に、2学期第2回目の集団調理実習が行われました。
 
 今回の献立も生徒が自分たちで考えた献立です。前回とは実施する
班が変わっているため、献立をたてるのにも生徒は苦戦しているようでした。
 
 献立は以下の通りです。
 
 
集団調理A(生徒向け:400円)
 
 
 

料理名

担当生徒からのコメント

枝豆ご飯
枝豆は程良く食感を残し、ご飯は風味良く仕上げました。
コーンとわかめの
スープ
スープの味に気をつけ、彩り良くなるように盛り付けました。

タッカルビ

辛いものが苦手な人でも食べやすいように味付けしました。また、本場の味と離れすぎないよう気をつけました。
じゃが芋の煮物
~韓国風~
甘辛くなるように味付けをし、また、牛乳を加えまろやかになるよう仕上げました。

ナムル

野菜に味がしっかり入るように食材の大きさに気をつけて作りました。
タピオカ入り
フルーツヨーグルト
韓国風に仕上げるためにタピオカとココナッツミルクを入れました。豆乳を隠し味に入れまろやかに仕上げました。
 
 
集団調理B(教員向け:600円)
 
 
 

料理名

担当生徒からのコメント

貝柱と豚肉の
おこわ
お米にしっかり味をしみこませ、じっくり丁寧に蒸しあげました。
フカヒレ風
茶碗蒸しスープ
茶碗蒸しとスープがしっかり合うようにバランス良く味付けをしました。
エビのチリソース
炒め
一匹一匹丁寧に下処理をし、ソースの辛み、とろみに気をつけて作りました。
チンゲン菜の
包み蒸し
中にクワイを加えて、食感にアクセントをつけました。

さつまいもの抜絲

周りをカリカリにし、砂糖が全体に広がるように仕上げました。
豆苗ともやしの
炒め物
豆苗独特の風味ともやしのシャキシャキ感を残すように、手早く炒めました。

四川風漬物

花椒の風味と唐辛子のピリッとした辛みをバランスよく出せるようにしました。

杏仁豆腐

口当たりが滑らかになるように仕上げました。また、ジャスミンゼリーの爽やかな香りと白きくらげの食感など、1品で色々と楽しめるようにしました。
 
 今回のB調理のテーマは中国料理であったので、慣れない食材を使いながらも
精一杯頑張っていました。
 また、A調理もそれに伴い韓国風の献立となり、調理室からは刺激的な香りが
漂っていました。また、食べた生徒も、普段と違う料理に話がはずんでいるようでした。
 
 集団調理実習も回数を重ねてきましたが、まだまだ改善する所は多々見受けられます。
前回より今回、今回より次回と、反省をいかして完成度の高い実習にしていきましょう。
 また、失敗した人は、それを良い経験ととらえ、次回から同じ失敗をしないように注意を
しましょう。

給食・食事 調理実習レポート【7】

 9月25日、2年生が修学旅行に行っている間に、外部講師をお招きして
3年生を対象とした洋菓子の実習を行いました。
 
 講師としてお招きしたのは東京栄養食糧学院専門学校の高橋ひろみ先生です。
 
 今回は、以下の4種類を作りました。
 
  (左上から時計回りに)
   チュイール
   フランボワーズのクッキー
   ムラング ノワゼット
   ガレット ブルトンヌ
 
 数少ない菓子を教わる機会だったので、生徒は興味深く実習に取り組んでいました。
そして、出来上がった焼き菓子の味に、感動していました。
 
 今回学んだこれらの焼き菓子ですが、一部を文化祭にて販売する予定です。
興味をもって頂けましたら、是非、文化祭にいらっしゃってください。皆様のご来校、
心よりお待ちしております。

給食・食事 調理実習レポート【6】

 9月20日に、3年生を対象とした「スペシャリストに学ぶ」授業として、
本来の調理に加えてサービスを学びました。
 
 今回、調理担当講師として、西洋料理の社会人講師である高橋秀明先生と、
サービス担当講師として、レストランで店長をなさっている野川信明様をお呼びしました。
 
 サービス担当の生徒はベストや蝶ネクタイを着用し、緊張しながら料理の提供の仕方や
下膳の仕方を教わっていました。何事も初めての経験ですので、各々とても真剣に説明を
伺っていました。
 
 
 
 調理担当の生徒は、本来でしたら示範があってから実習ですが、今回は示範がないため、
戸惑っているようでした。しかし、レシピをしっかりと読み、高橋先生に適宜確認をしながら、
しっかりと調理を行っていました。
 
 
 その後、お客様役とサービス役に分かれ、テーブルマナーを学びながら食事をしました。
 
 3年生はこの先就職をし、サービスの仕事に就く生徒も、調理の仕事に就く生徒もいます。
その将来の仕事に今回の内容をいかしてもらえたら幸いです。

お知らせ 学校説明会に参加される皆様へ【バス増便の御案内】

        -タローズバスを増便します-

10月6日(土)に行われる学校説明会①に参加される中学生、保護者の皆様へ
説明会当日ですが、タローズバスを増便します。(赤字が増便です)
受付は9:00~9:20です。この時間にあわせて来校してください。
 
  朝 越谷駅西口発  8:15 30 45 9:10
  帰 学校前発   11:44  12:04 15 29 49
 
  ※運賃は¥170です。          
 

電機だより2012 7号

       基礎製図検定試験
          ~ 結果報告 ~ 
 
 平成24年度・第25回基礎製図検定試験(全国工業高等学校長協会主催)が9月14日(金)に
本校を会場に実施されました。
 基礎製図検定試験は、製図の基礎知識を理解し、投影図法を確実に把握する能力を養い、
製図教育の振興を図るとともに製図基礎知識の理解度を調べる試験です。
 
 試験内容は、①投影図 ②断面図 ③補助投影図・展開図 ④簡単な立体の投影図 の4科目
からなり、100点満点中70点以上で合格となります。

 検定試験には、電子機械科の2年生が受検し、27名が合格しました。

 試験合格者には、「全国工業高等学校長協会ジュニアマイスター顕彰制度」の得点が与えられます。


 基礎製図検定試験については、こちら
  
     
 

服デ通信No.14

    **コンテスト報告**

 ヨコハマファッションアワード2012  (ヨコハマ f カレッジ主催)

 テーマ  「NEW LOOK NEW LIFE」

  
 応募総数975点の中から45点が選ばれ、本校生3人が9月29日(土)の最終審査会に
臨んだ結果、以下の賞を受賞いたしました。
 

       金  賞    3年 塚本 梨花

     審査員特別賞  3年 星野 有紀

       佳  作    3年 石澤優有子


     
   金  賞   3年 塚本 梨花 
「私たちの体を構成する活発な細胞の働きを表現しました。最も見てほしい所
は、柄です。体の中をドクドクと流れるような細胞を想像してデザインしました。」
 
 
       
   審査員特別賞 3年 星野有紀
「ストールの巻き方と形、結び目を作るのに苦労しました。赤と薄青、白黒の
色の組み合わせがポイントです。注目して下さい。」
 
 
      
     佳 作  3年 石澤優有子
「男性のセクシーな所を強調させてデザインしました。特にシャツの製作に
こだわり、試行錯誤を繰り返し、見たことのないようなシャツに仕上げました。