トップニュース

2011年2月の記事一覧

服デ通信no.40


     **授業風景**

  毎週金曜日は社会人講師の中島先生のファッションデザインの授業があり、
 2年生が2・3時間目、1年生が4・5・6時間目に授業を行っています。
  2月25日(金)のファッションデザインの授業では草加市地場産業教育振興
 協議会主催の「ゆかた柄コンテスト」の応募作品に取り組みました。
  中島先生は「1年生は初めてなので、コンテストのテーマ”さわやか”に
 とらわれず、自分が着たい浴衣をイメージして完成させてほしい。2年生は、
 2回目なのでコンテストに入賞することを意識してさわやかなゆかた柄をデザイ
 ンしてほしい」と話していました。
 

  《2年生》

   2年生は着彩にとりかかっています。さわやかなゆかた柄ということで、花
  をイメージした柄が多いようです。授業で行うのは今日が最後で、終わらない
  場合は宿題になります。生徒たちは自分のペースで丁寧に作業を進めています。
           
   花びらに濃淡をつけて立体感を!    落ち着いた雰囲気で作業を!
 

    《1年生》

   1年生も着彩にとりかかっています。朝顔・ひまわりなど夏の花をイメージした
 柄が多いようです。着彩にも慣れてきて、丁寧に作業を進めています。 
 
                  
      先生からアドバイスが!             丁寧に着彩を行う生徒!