トップニュース

2010年12月の記事一覧

服デ通信no.33

   **コンテスト報告**

 《浜松ファッションコンペ》

  12月19日(日)浜松アクトシティで浜松ファッションシティコンペが行われ、
  本校からは3-6宮本さんが出場しました。宮本さんは、11月から卒業作品
 発表会の作品と平行して作品作りに取り組んできました。 
  作品のタイトルは「視線を感じる」で上衣は3色の生地をバランスよく配置し
 黒白の模様の中によく探すと「眼」があるようなデザインになっているそうです。
  また下衣の模様はシンメトリーを意識して配置し、チュールをすえてダーツを
 とり、立体的になるように膨らませたのが特徴です。布地は浜松産の綿を使用
 し、パッチワークのように布地を縫い合わせて綺麗な形に仕上げました。
    会場の展示スペースには全国から応募されたデザイン画の中で、あと一歩と
 いうところで惜しくも入選できなかった作品が展示されていました。本校の生徒の
 作品もいくつかありました。
   
     宮本さんが製作した作品です。 『眼』を探してみてください。
 
  
 

  《千年大賞》           

   1月14日(金)金沢21世紀美術館シアター21で行われる千年大賞への参加に向け、
 3-6高嶋さんの作品が完成しました。
  作品が完成するまでにはいろいろなアクシデントもあり、限られた時間の中で、一生懸命
 頑張って製作しました。
   作品はサービスウエアー部門のウェイターのユニホームをデザインし,機能性を追及してス
  トレッチ素材を使用し、ポケットにまちをつけて、いろいろなものを収納できるようにしました。
  えり・ポケットのまちにはピンクの生地を使用し差し色にしました。デザイン画に忠実に丁寧
  に仕上がっています。コンテストは卒業作品発表会の前日なので、体調管理をしっかり行って、
  是非入賞してほしいと思っています。  
 
                                               
                      完成した作品!