トップニュース

2010年6月の記事一覧

会議・研修 Commercial Message Vol.6

 第125回日商簿記検定が本校を会場に開催されました。
(平成22年6月13日)
  結果(本校流通経済・情報処理科生徒についてのみ掲載)
       3級 受験者 30名 合格者 6名
       2級 受験者 25名 合格者 4名
  この検定に合格すると、大学・専門学校等の入学試験における優遇の他、入学金・授業料が優遇される学校も多数あります。またセンター試験の問題にも対応している内容になります。
 本校では授業だけでなく、夏休みに専門学校の講師による夏期講習(無料)を開催するなどして、生徒が一人でも多く合格できるよう取り組んでいます。
  関連リンク 全商協会 日本商工会議所
  
  
 

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.7

情報技術科の2年生は、前期3テーマ・後期4テーマに分けて
ローテーションで実習を行っています。
前期は、電子工作・マイコン制御・データベースの3テーマについて実習を行います。
実習テーマ

電子工作では、電源回路製作を行っています。
回路の原理を学び、実際に自分たちで回路を設計するところから製作します。
はんだづけ作業
マイコン制御実習では、PICマイコンを使用したLEDの制御実習を行っています。
アセンブラ言語で制御プログラムを作成し、PICマイコンで動作させます。
LEDの制御
          データベース実習では、MySQLを使用してデータベースの基礎を学びます。
          SQL実習
           2年生になると、新しいプログラミング言語や技術について学びます。
           3年生の実習や課題研究の基礎となる大切な実習です。

服デ通信no.11

        **授業風景**

  《3年生》

      ジャケットの製作が終了し、文化祭の作品の製図が始まりました。
  ジャケットは2年生の終わりから製作していたものです。
  まだボタンホーラーの糸が届かなかった生徒が若干おり、ボタン
  ホールが開いていない生徒もいますが、6月30日の提出に向けて、
  切りじつけをとり、アイロンをかけて仕上げをしています。ボタンホーラ
  -とはボタンホールをかがってくれるミシンです。手縫いでボタンホール
  を製作しようと思うと1つ作るのに2~3時間かかりますが、ボタン
  ホーラーで行うと10秒ですみます。生徒は感激していました。
                              
               
            ボタンホーラー                 製図に展開する方法を相談
       

  《2年生》  

   スカートが完成して、シャツの製作に入りました。今週は地直しといって
  作品を作る前に、布の横糸を一本まっすぐとり、布の裏からアイロンをかけ
  て地の目を正すことを行います。こうすることで、洗濯による収縮を防ぐこと
  ができます。シャツの色は約30色の中から 生徒が好きな色を選んで製作
  しています。
   
           
    横糸を引っ張っている生徒           地直しを行っている生徒                               
 

  《1年生》

  今週の「被服製作」の授業では基礎縫いが終了し、フランス刺繍に入りました。
 初めての刺繍に戸惑いもあるようでしたが、一生懸命取り組んでいました。
  各テーブルに1枚ずつおかれた見本をみながら、一針一針丁寧に縫い進めて
 いました。すべて基本が大切です。頑張ってほしいです。
   「生活産業基礎」の授業ではクラス毎に年代別のファッションを調べ、発表を
 行いました。司書の先生も見にきてくださり、緊張している生徒もいましたが、ク
 ラスでよく練習して5~7分の持ち時間を生かして発表が行われていました。
  クラスの団結が深まってよかったといっている生徒もいました。
 
           
  見本を見ながら刺繍を行う生徒     1950年代太陽族の格好で発表する生徒                            

給食・食事 調理実習レポート【5】


先日18日のパンに引き続き、22日は「スペシャリストに学ぶ」事業の一環として、
1年生を対象に包丁研ぎの授業が行われました。
講師としてお呼びしたのは、長田刃物店代表取締役、長田邦雄先生です。
 
食物調理科に入学した1年生は、自分の包丁セットを持つことになります。
そしてこの包丁の管理は各自で行います。
料理人にとって包丁はとても大切なものです。
自分の包丁を切れるように保つのも、切れなくしてしまうのも自分次第です。
そのため、1年生で包丁の手入れの方法を学ぶのです。
 

包丁には両刃包丁片刃包丁がありますが、今回は両刃包丁である牛刀
研ぎ方を実演していただきました。
研げている証拠である「まくれ」を生徒に直接触らせるなど、とてもわかりやすい
説明をしていただき、それをもとに生徒が実習に入りました。

ただし、生徒は牛刀だと時間内に研ぎ終わらないため、ペティナイフを使いました。
 
 
 
 
初めて包丁を研ぐ生徒がほとんどで、ぎこちない動きを見ていると不安が募りましたが、
長田先生が各台で順に指導を行ってくださり、最後にはなんとか形にはなっていました。
 

包丁を扱う料理人にとって、包丁研ぎは必須の技術です。
包丁の手入れができない人にいい料理人はいません。
就職すると先輩方の包丁を研ぐことになると思いますが、その際に一目おいてもらえるよう、
しっかりと身に付けましょう。
 
 
《補足情報》
・両刃と片刃…

 
  左が両刃包丁、右が片刃包丁の断面図です。
  灰色の部分は硬く、切れ味の良い金属が使われています。
  これを鋼(はがね)といい、硬いゆえに折れやすいという欠点を
  持ちます。
  一方、白い部分は、粘り強く折れにくい金属(軟鉄やステンレス)
  が用いられています。
  これによって、鋼の折れやすさをカバーしています。
  両刃包丁は洋包丁に多く、まっすぐ切り込むのに適しています。
  一方、和包丁の多くは片刃包丁で、切れたものが離れやすい、
  組織に密着して切れ断面が美しいという利点があります。
  この両刃包丁と片刃包丁は研ぎ方が大きく異なるため、注意が
  必要です。

会議・研修 Commercial MessageVol.5

 
120回全商珠算・電卓実務検定実施

  本校を会場として実施され、本校の流通経済・情報処理の1~3年生が受験しました。
  結果 (22年6月20日)
 
種別
受験者数
合格者数
1級普通
67
57
1級ビジネス
65
26
2級普通
13
10
2級ビジネス
13
13
3級普通
80
77
3級ビジネス
80
80
 標記検定において2年(流通経済)永沼さんが1級満点合格しました。
検定の詳しい情報は全国商業高等学校協会に掲載されています。

服デ通信no.10


     **授業風景**

  《3年生》

  「服飾手芸」の授業はバイアステープをつける作業を行いました。
 布が固かったのでバイアステープをまつる作業が大変だったようです。
 火曜日にはティッシュボックスが完成する予定です。今年は作品ので
 きが素晴らしいので、週替わりで全員の作品を展示しようと考えていま
 す。
 
       
      刺し子を一針ずつ縫う生徒      バイアステープをつける生徒
 

  《2年生》

  ファッションショーの2年生モデルが決まりました。毎日三年生と一
 緒にウォーキングの練習に励んでいます。モデルに選ばれた生徒の
 コメントです。
  「選ばれてとてもうれしいです。先輩たちのファッションショーが成功
 するように一生懸命頑張りたいです」
 
                                            
           先輩からポーズのとり方を習う2年生
 
 

  《1年生》

  生活産業基礎の授業で年代別のファッションについて調べて、
 クラスごとに新聞を作成しています。来週の授業で発表してもら
 う予定です。クラス毎に協力して作成することで、クラスの団結力
 が育成されているようです。
  
      
            新聞の清書を協力して行う生徒たち
 
 
 

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.6

速報!

6月18日(金)、計算技術検定が実施されました。
JGマガジンVol.4号でお伝えした通り、情報技術科の1年生は全員がチャレンジ。
採点の結果、83%の合格率となりました。
合格おめでとう!
惜しくも不合格となった生徒も、まだチャンスがあるので頑張りましょう。

給食・食事 調理実習レポート【4】


本日(6月18日)、「スペシャリストに学ぶ」事業として、パン作りを行いました。

講師として、パンマルシェの社長である堀井先生をお呼びし、2年生を対象に行いました。

1年の基礎調理において手捏ねのパンは作っていましたが、
今回は業務用のミキサーやホイロ、オーブンを使っての調理とあって、
生徒は大変興味をもって授業に取り組んでいました。
 
  【写真:生地の分割・丸めを教わる生徒】
 
 

今回はバターロール用生地と菓子パン用生地の2種類を作りました。
 
バターロール用生地は、バターと牛乳を多く用いた生地で、
これからバターロールとオニオンハムロールを作りました。
 
また、菓子パン用生地は砂糖を多めに入れた甘めの生地で、
これからはあんぱんと紫イモパンを作りました。
 
 
 
今日は気温が高く発酵の速度が早かったため、発酵しすぎないように様々な作業を
急いでこなさなくてはならず少々大変でしたが、結果として良い発酵状態で作業を
することができました。
 
また、熱湯消毒用の大鍋やオーブンのある調理室はとても暑く、生徒にとって大変な
作業環境でしたが、その中で生徒は熱心かつ積極的に取り組んでいました。
 
 
さて、食物調理科は文化祭を2,3年生が合同で行います。
その中の一部の生徒がパン班として、これらのパンを作り、販売します。
今後、試作や練習を重ねて完成度を高めていきますので、文化祭にて成果を
ご覧いただけると幸いです。
また、弁当や焼き菓子も販売を行いますので、こちらもよろしくお願いいたします。

なお、文化祭は10月29日(金)と30日(土)で行われ、30日が一般公開となります。
皆様のご来校を心よりお待ちしております。

給食・食事 調理実習レポート【3】



毎週水曜日は、2年生の西洋料理実習が行われます。
先日6月16日に作ったメニューは以下の通りです。
 
 
・Filet de sole á la Meuniere
  (舌平目のムニエル)
・Carottes  glacées
   (人参のグラッセ)
・Sauce vin blanc
   (白ワインのソース)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Sauce vin blancは舌平目の骨を使い、Fumet de poisson(魚の出汁)から作りました。
 
西洋料理では名の通った舌平目を卸すとあって、生徒の目はいつにもまして真剣でした。
1人1匹しか卸せませんでしたが、貴重な経験になったと思います。
  【写真: 舌平目をムニエルにする生徒】
 
 
また木曜日は、3年生による集団調理実習の日です。
6月17日は今年度初の生徒販売、教員販売が行われました。
メニューは以下の通りです。
 
 
 
【集団A】(生徒向け¥400)
 
・白飯
・豆腐となめこの味噌汁
・コロッケ
  (付け合わせ:キャベツ、トマト)
・3色酢の物
  (タコ、わかめ、きゅうり)
・かぶの即席漬け
・杏仁豆腐
 
 
 
 
 
 
 
 
【集団B】(教員向け¥600)
 
・白飯
・豆腐となめこの味噌汁
・メロの西京焼き
  (付け合わせ:蒟蒻のピリ辛煮)
・厚焼き卵
・筑前煮
・青菜の辛子和え
・なます
・グレープフルーツ
 
 
 
 
 
前回の反省を踏まえて、改善された所も多かったです。
ですが、まだ手は遅いので、もっと効率よく、的確に、素早く動けるようになりましょう。 
 
 
《補足情報》
・杏仁豆腐とは…
  杏仁豆腐は本来、杏の仁(種の中の白い部分)を用いたものです。
  ですが今はアーモンドエッセンスで香りを付けたものが増えています。
  もし本格的に作りたい場合は、杏の仁を粉末にしたものが売られています。
  「杏仁霜(きょうにんそう)」という名前ですので、興味があったら探してください。
・筑前煮とは…
  福岡県の郷土料理で、様々なものを炒めてから煮込んだものです。
  「がめ煮」や「炒り鶏」などと呼ばれることもあります。
  今回は人参、牛蒡、椎茸、筍、蓮根、里芋、鶏肉、絹さや、蒟蒻を用いています。 

進路ニュース

人事担当者による面接指導
 
3年生の就職希望者に対して、企業の人事担当の方をお招きし、面接指導を行っていただきました。 
 
       
 
 面接試験の目的や、面接ではどんなところを見ているかなどについて講義が10分程度あり、その後面接指導を行っていただきました。
 
   
 
礼の仕方の説明から始まり、
 
 椅子の座り方までご指導いただきました。
 
 
入室から退室までの一連の動作について説明していただき、実際に練習しました。
 
 
集団面接と個人面接の違いなども説明していただき、実際に練習しました。
志望動機や自己PRなどの質問もありました。
 
 
進学希望者には、大学から講師をお招きして面接練習を行いました。
 
 
 
 
 

会議・研修 Commercial Message Vol.4


 課題研究中間発表会が行われました。
 6月14日(月)情報処理科3年生が標記の内容を行いました。本発表は11月26日(金)に行われます。当日は視聴覚室で、情報処理科の1・2年生や大学の先生方を前にして発表します。夏休みも活用して研究に取り組み、毎年素晴らしい作品ができます。今年も期待してください。
 <22年度研究テーマ>
「学校紹介DVD」「理想のテーマパーク」「学校紹介のシミュレーションゲーム」「クレイアニメ」
「サウンドロゴ」「パンの商品開発」「ポイントカード」「Visual Basic」

進路ニュース

外部講師による面接練習
 
6月7日から6月11日までの三者面談期間中の午後を利用し、就職希望の生徒に面接練習を行いました。入室の仕方、礼の仕方、椅子の座り方などの立ち居振る舞いを学び、自己PR・志望動機の質疑等を行いました。
 
5日間に3つの会場で個別や集団で外部講師の方に面接試験の心構えから、実際の面接試験での動き方等を指導していただきました。
 
 
講師の方が手本を見せ、生徒に分りやすく説明してくれています。
 
 
6月15日には、会社の人事担当の方が来校し、面接指導をしていただきます。
今回の面接練習で学んだことを活かしてほしいと思います。
 
 
 

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.5

レゴチームは、ロボットコンテスト『WRO2010』に出場するため
ロボットの研究・製作に取り組んでいます。

『WRO2010』は、自律型ロボットによるコンテストです。子どもたちが
それぞれロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競う
コンテストで、市販ロボットキットを使用することができます。
国内の決勝大会で勝ち抜くと、世界大会に出場することができます。

詳しくはコチラ絵文字:矢印 右WRO2010公式サイト

公式ルールが発表され、さっそく競技コースの製作を開始しました。
加工の様子
コース製作をするには、大きな木材を細かく加工する必要があります。
本校電子機械科のレーザー加工機をお借りして、材料の切断をしました。
加工機の操作の様子

          切断した材料を組み立て、コースが完成します。

           切断の様子
コースの製作が終わると、いよいよ本格的なロボット・プログラムの作成にはいります。
大会は9月に予定されていますので、夏休みまでが勝負です。がんばれ!!

服デ通信no.9

    **コンテスト結果報告**

  全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)で、
 3年生の梅村・板垣チームが一次審査を通過しました。
  現在は、8月22日(日)に青森県弘前市で行われる本選に向けて、
 一次審査を通過したデザイン画の服を製作していきます。
  授業の課題と重なって大変ではありますが、悔いの残らないように
 自分たちの力を発揮し作品作りに取り組んでほしいと思います。
 

        **授業風景**

 

 《3年生》

  服飾手芸の授業で、ステンシルでティッシュケースボックスを製作していま
 す。デザインに凝る生徒、配置に凝る生徒、色に凝る生徒などこだわりを持っ
 て作品作りに取りかかっています。本当にすばらしい作品ばかりです。
  出来上がったら廊下のショーケースに展示しますのでぜひご覧ください。
 
          
    型を切り抜く生徒たち             ステンシル作品
   

  《2年生》

   金曜日のファッションデザインの授業では「産業教育フェア」のポスターを製作
  しました。水曜日のファッションデザインの授業では「文化ファッションアワード」
  に応募する作品を描きました。入賞すると大きな自信につながるので、頑張って
  ほしいです。
 
                                     
                   色彩豊かな2年生の作品                                                 

  《1年生》

    「被服製作」の授業ではミシンの基礎縫いを行っています。端ミシン・折り伏せ
  縫い・三つ折りミシン・袋縫いです。シーチングの布が薄くて、生徒は縫いにくい
  ようです。糸調子も合わせて、まっすぐきれいに縫えて合格ですが、かなりの生
  徒が何度もやり直しをしています。基本が大切です。きれいに縫えるまで頑張っ
  てほしいです。 
                               
               生徒の部分縫いの作品

情報処理・パソコン JGマガジン Vol.4

  情報技術科1年生は6月18日(金)に行われる『計算技術検定・3級』を
 全員受検します。
  計算技術検定とは、電卓を用いて複雑な計算を正確に短時間で行う
 技術を身につけることを目標にしています。
  四則計算、関数計算、実務計算の3種目に分かれていて、すべて70点以上
 でなければ合格となりません。
練習の様子
  情報技術科では、放課後の補講を毎日行い、全員合格を目標に
 日々練習に励んでいます。
  最初は、電卓の扱いに苦労していた生徒もだんだんと慣れてきて
 合格点に達する生徒が増えてきました。
電卓で計算

          <リンク>  (社)全国工業高等学校長協会

にっこり Commercial Message Vol.3

 情報処理競技会埼玉県予選会  第3位
 
6月5日(土)、埼玉県県民活動総合センターにて、
第22回全国高等学校情報処理競技大会 
兼 全国高等学校情報処理競技大会埼玉県予選会が行われました。
本校は情報処理科の3年生および2年生が出場し、埼玉県予選会では第3位
入賞することができました。
 
この大会はExcel(エクセル)やプログラムのアルゴリズムに関する知識を競い合います。
生徒の皆さんは日頃の成果を発揮することができました。  絵文字:良くできました OK おめでとう 絵文字:良くできました OK
 
 

会議・研修 Commercial Message vol.2

  入賞しました
 2年4組(流通経済)永沼さんが第57回全国高等学校珠算競技大会への出場が決定しました。(全国大会は8月3日 千葉県浦安市)
  
 <結果詳細>
  22年6月5日(土) クレア鴻巣
  珠算の部
 個人総合 3位 読上算 3位 永沼(2年流経)
 電卓の部
 団体 3位 飯箸(3年情処) 泉(3年流経) 相内(2年情処)
 伝票算3位 古賀(3年情処)
 関連リンク
全国商業高等学校協会     珠算について   電卓 日本電卓技能検定

 

給食・食事 調理実習レポート【2】


6月3日(木)、食物調理科3年生による集団調理実習が行われました。
集団調理実習とは、100食近い食数の料理を作る実習です。
卒業後に給食関係の仕事に就く生徒には非常にためになる実習といえます。
調理や接客、片付けに反省会とあるので、この集団調理実習は2~6時間目という
5時間連続で行われます。
 
クラスの生徒は生徒用メニュー担当教員用メニュー担当に分かれます。
さらにその中で、調理担当と、サービスやセッティングなどの補助担当に分かれます。
この4つのグループに分かれ、以前から打合せや試作を行ってきました。
 
今回はリハーサルの2回目ですので一般生徒や教員への販売はしていません。
しかし次回からは本売りとなりますので、興味のある生徒は食券を購入してください。
 
さて、今回の実習のメニューは以下の通りです。
 
 
【集団A(生徒向け)】
   ・カレーピラフ ベシャメルソース
   ・コールスロー
   ・卵とわかめのスープ
   ・コールスロー
   ・オレンジゼリー
 
 
 
 
【集団B(教員向け)】
   ・梅ご飯
   ・蟹しんじょのお吸い物
   ・蓮根のはさみ揚げ
   ・空也蒸し
   ・即席漬け
   ・わらび餅 
 
 
今回のリハーサルで改善すべき点をしっかりと把握し、今学期に予定されている本売りを頑張ってください。
 
 
《補足情報》
・ベシャメルソースとは…
  薄力粉をバターで焦げないように炒め、そこに牛乳と生クリームを加え調味したもの。
  様々なソースを作るベースとなるソースです。
  今回はそのまま用い、カレーピラフの味を丸くする働きをしています。
・空也蒸しとは…
  器に豆腐を入れ、卵液を注ぎ具材を入れて蒸した、豆腐入り茶碗蒸しのようなもの。
  塩味のあんをかけて食べます。
  今回は具材として銀杏とかにかまを使い、上にゆずの皮をあしらっています。

服デ通信no.8

    **授業風景**

 

 《3年生》

    今週の「被服製作」の授業では社会人講師の先生に衿作りを教わりました。
 2年生の3学期から製作しはじめたジャケットもあと衿と袖をボタンをつけるのみ
 となりました。形になってきたこともあり、心持ち生徒達も楽しそうに作業をして
  います。6月7日(月)からは面談週間で、授業も午前中で終わります。
  課題がたくさんでると思いますが頑張ってほしいと思います。
  ファッションショーのモデルに決まった生徒は朝と昼休みにウオーキングの練習
 をしています。
   
         
  衿の説明を聞く生徒達        ウォーキングの練習をするモデルの生徒
 

 《2年生》

  今週は「被服製作」の授業でシャツの製図を行いました。シャツの身頃の
 AH(アームホール=袖ぐり)の長さを測ってその長さを袖のAHの長さにして
 製図をするところに生徒は手間どっていたようですが、先生に聞くなどしてし
 っかり製図が完成されたようです。
       
 

 《1年生》

  「ファッションデザイン」の中間考査の課題は6cm四方の好きな色のトーナル
 カラーを用意し、4分割してデザインするものでした。社会人講師の先生に優れ
 た作品を選んで頂き、6月7日(月)から廊下のボードに展示する予定です。
 
       

ツールエンジニアリング6月号に掲載

大河出版「ツールエンジニアリング6月号」の
“工業高校を巡る”に電子機械科の「課題研究」を中心に
授業の様子が紹介されました。 
 
          ← 大河出版「ツールエンジニアリング6月号」
「課題研究」では、
  3年生が5人前後でグループをつくり、
  グループごとにテーマを設定し、
  1年間かけてそのテーマの実現に取り組みます。
電子機械科の「課題研究」は、
モノづくりをテーマにしたものが多いです。
思った通りに中々出来ずに四苦八苦しながら進めています。
 
1月には「課題研究発表会」を行い、その成果を発表します。