トップニュース

給食・食事 食物調理科レポート【和菓子甲子園】

夏休み中の8月18日の木曜日、大阪にあります辻製菓専門学校において、
第7回 全国和菓子甲子園 全国大会
が行われました。

第7回となる今回は
「笑顔」 ~小豆ともち米を使った、未来につなげたい和菓子~
をテーマとして書類選考を行い、その中から12作品が全国大会に出場します。

本校からは「癒しのひととき」と題した1作品が全国大会に進み、
その結果、  金賞  をいただくことができました。


「癒しのひととき」
川越芋と紅玉を砂糖で煮てあんを作り、道明寺粉を入れてつぶつぶ感を出した求肥生地で包みました。
形は心がなごんで、自然と笑顔になるように、肉球の形にしてあります。
肉球に使った大納言と紫花豆は、全体とのバランスが整う甘さに煮含めました。


金賞に輝いた作品は、11月の15,16日に商品化されます。
大阪市中央公会堂で行われる、大阪府生菓子青年クラブの55周年記念事業である
「大咲菓×Smile」(おおさか×スマイル)にて販売されるとのことです。

もしこの時期にお近くにお出かけの際には、少しお気に留めていただけると幸いです。