トップニュース

生徒保健委員会活動報告(救急法講習会)


◇◇ 救急法講習会がありました ◇◇

1月20日(月)15:40~17:00

生徒保健委員会講習会が生徒ホール2階で行われました。

 本校では毎年この時期に「越谷消防署谷中分署」の方々を講師に迎え

救命処置(AEDを用いた心肺蘇生法)の講習を実施しています。

今年度も1・2年の保健委員28名が参加し、4班に分かれて講習を受けました。

           

最初に全体で心肺蘇生法の手順やAEDの使い方について説明を受けた後、

傷病者の発見から救急車の到着までの対応手順に従い、全員がダミー人形を使って

胸骨圧迫やAEDの操作を体験しました。


  

  

心肺蘇生は胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを繰り返し続けます。

実習では一人2分間これを繰り返しましたが、「疲れる」というつぶやきが聞こえました。

救急車の到着時間は、平均8分程度と言われています。いざという時のために、一人でも多くの人が救命救急法の知識・技術を身につけることが望ましいと改めて感じました。