トップニュース

会議・研修 全商情報処理検定


 1月31日(日)に第42回全商情報処理検定が本校で実施されました。
    合格者→1級ビジネス部門  4名
          1級プログラミング部門 8名
          2級ビジネス部門   19名
          2級プログラミング部門 28名
          3級41名(受験者全員合格)
 ビジネス部門は表計算ソフト(エクセルやロータス)を用いてあらかじめ指示された表やグラフを作成します。
 プログラミング部門は流れ図やプログラム言語を用いて処理の仕組みを考える問題です。
 いずれの部門にしても、1級に合格することは、次にITパスポート試験や基本情報試験を目指していくために必要なステップとなります。更なる飛躍を期待します。
  参考リンク 全商協会  IPA(情報処理推進機構)