トップニュース

電機だより 2013 第9号

  全日本ロボット相撲大会 ベスト8!!
        ~ 東 北 大 会 ~
 

 自慢のロボットを力士に見立てて競い合う「第25回全日本ロボット相撲東北大会」(富士ソフト、公益社団法人全国工業高校長協会主催)が9月15日、宮城県立白石工業高校の体育館で開催されました。
 全日本ロボット相撲大会は、自作を通じて「ものづくり」の楽しさを知ってもらおうと開かれている国内最大級のロボット競技大会です。
 全国9カ所の地区大会を勝ち抜いたロボットが全国大会に進み、「高校生の部」と一般の「全日本の部」の2部門で優勝を争います。
 競技は、コンピュータプログラム内蔵でロボットが自動で動く「自立型」と、ラジコン操作で戦う「ラジコン型」の2種目があり、直径約1・54メートルの鉄板の土俵で、先に2回相手ロボットを押し出した側が勝者となります。
 本校、電子機械科からは全日本の部にラジコン型1台、自立型2台が参加しました。
 結果、全国大会への出場権は得られませんでしたが、自立型で 「KEN」 (ロボット名)が ベスト8 に入りました。
   
                     【動画】 右 東北大会.wmv

 今後は、10月5日(土)に幕張メッセで開催される関東大会に向けて頑張りたいと思います。