トップニュース

給食・食事 食物調理科レポート【製パンの授業】

6月26日の2年生の調理実習は、パンマルシェの社長である堀井先生をお招きして、
製パンの授業を行いました。

生徒は1年生の基礎調理で手ごねパンは作ったことがありますが、今回の実習では据え付け型の業務用パンミキサーや、発酵させるためのホイロ、業務用オーブンを用いての製パンは初めての経験となります。
文化祭でパンを担当することに決まっている生徒を中心として、全員でパン作りを学びました。

据え付け型のパンミキサーで、生地を作ります。
生地のこね具合を確認しています。



1回のミキシングで10kgの生地ができます。
パン1つ分40gに分割、丸めを行います。



焼成前に卵液を塗り、ケシの実や黒ごまをつけます。



業務用の2段オーブンで6分焼いて完成です。



今回学んだ内容は、文化祭でのパン販売で生きてくるかと思います。
10月末の文化祭ではおいしいパンをたくさん焼いてお待ちしておりますので、
ぜひご来校ください。