トップニュース

服デ通信 NO.22

     **卒業作品発表会** 

 
 1月20日(日)越谷市中央市民会館にて服飾デザイン科卒業作品発表会が開催されました。
今回のショーは、3年生の生徒が被服製作・ファッションデザイン・課題研究の授業で、作品の
製作と、ショーを作り上げてきました。まさに3年間の集大成となった今回の発表会でした。
 来場者数は2回のショーをあわせて約450人でした。 お忙しい中、多くの方々にお越しいた
だきましてありがとうございました。
 

                 中学生審査員結果報告

 38名の中学生が中学生審査員に応募してくれました。本当にありがとうございました。
投票の結果、人気の高かった作品をご紹介します。
 
 
        
      NO.7         NO.9          NO.32          NO.67
         
       NO.41        NO.19         NO.42         NO.64  
 
 
 ≪中学生の感想≫
☆それぞれのイメージがたくさん詰まった作品ばかりで、1つ1つに世界があってすごく胸が
  一杯になりました。 「すごい」 と思い、目が離せませんでした。同じテーマでも色々な
  表現方法があることに感動しました。
☆テーマに沿った洋服のデザインが、独特ですごかったです。「七つの大罪」というテーマで
  私も家でデザイン画を描いてみましたが、とても難しかったです。
☆デザインも素敵だし、照明の使い方も音響も上手でした。
☆全ての衣装が斬新で、思いつかないような形だったので驚きました。
☆「よくこんな発想ができるなぁ」とずっと驚きながら見ていました。製作者が何を伝えたいの
  かが伝わってきました。素晴らしい感動をありがとうございました。
☆どの作品もすごく素敵でした。私も作れるようになりたいと思いました。
☆「七つの大罪」のイメージがぴったりで驚きました。すごく感動して心に衝撃を受けました。
☆ジャケットが、リバーシブルになっていたのがとても素敵でした。
☆モデルさんが上手だったと思います。