トップニュース

服デ通信NO.3

     **コンテスト報告** 

    高校生ファッションデザインコンテスト 2017

                    (織田ファッション専門学校主催)

           
             準グランプリ 3年 塩原 清香さん
                      優秀賞     3年 正根知沙弥香さん  
             

 
 7月22日に開催された【SUMMERフェスタ】にて、ファッションショー形式で発表されました。
入選した10作品が、専門学校の学生さんによって生徒の意向に沿った作品に仕上がりました。
うち、入選した本校生2人が、受賞に輝きました。
 

           
          塩原清香                 正根知沙弥香          

       
       「準グランプリ」塩原清香

       
       「優秀賞」 正根知沙弥香          
           
 ≪喜びの声≫
 準グランプリという素晴らしい賞をいただくことができ、とてもうれしいです。「新しくて少し
変わった重ね着の仕方」をイメージしてデザインしました。一番下の黒のシャツは、普通に
着ていますが、青いシャツは肩からずり落ちているように着せ、ストライプのシャツは肩の
ところでボタンを閉めて、重なった2枚は実際にはできないような着せ方をさせてみました。
この経験を糧に面白味のあるデザインを考えていけるように頑張ります。(塩原 清香) 

  私のデザインは、「普段は人間のふりをしているが、実は機械でできた人間」というコンセ
プトです。審査会ではショーのトップで披露され、照明に反射してキラキラとまぶしい白のエ
ナメルと歯車を見てとても感動しました。イメージ通りの仕上がりにとても感謝しています。
他の作品もたくさん見たのでこの経験を活かしこれからもよい作品つくりに励んでいきます。
                                           (正根知沙弥香)