トップニュース

給食・食事 食物調理科だより【1】

4月17日木曜日、午後の5,6時間目を使って、食育の特別授業が食物調理科3年生を対象に
行われました。

今回、スーパーマーケットの株式会社カスミから高野様と杉本様にお越しいただき、栄養バランスを
考えたお弁当づくりを教えていただきました。

まずグラフや絵を用いて栄養の種類、働き、バランスなどを教えていただき、その後、用意された
食材を用いて実際にお弁当を作りました。

生徒は事前に栄養についての勉強をしていますが、今回のグラフや絵を用いた説明はとてもわかり
やすく、以前学んだ内容の再確認をしていました。
また、課題研究で今後食育活動に取り組む班もあるので、その良い参考になったようです。

お弁当づくりでは、用意していただいた材料をもとに、おにぎり、鶏のから揚げ、アスパラの胡麻和え、
にんじんのナムルを作りました。

 

いつもは調理実習と栄養学の授業は別の時間に行っているので、栄養のことをしっかり考えながら
調理するのは新鮮だったようです。
また、3年生はこれから集団調理実習に取り組むので、栄養を考慮して献立を考える第一歩となり
ました。

今回の特別授業は、株式会社カスミさんが始めた、高校生を対象とした食育活動の第一歩として
行われました。
これからは普通科の高校生にも同じように食育活動を行っていくそうです。
食物調理科を常に見ていると、料理をする高校生が普通に思えますが、実際はそうではありません。
株式会社カスミ様の取り組みにより、料理に関心を持ち、自分で栄養バランスを考えたお弁当を
作れる高校生が増えることを楽しみにしています。

私たちは食物調理科として、株式会社カスミさんに負けずに食育活動や、栄養バランスの大切さを
伝える授業を行っていきたいと思います。