トップニュース

電機だより 2012 第9号

   能五輪全国大会 優勝!!
     24期卒業生 横澤晃平さん

 「第50回技能五輪全国大会(長野技能五輪)」が、10月26日(金曜日)から29日(月曜日)まで、
松本市と諏訪市を会場に開催されました。
 本大会に、電子機械科卒業(24期生)の横澤晃平さん(日産自動車)が機械系[自動車工]部門に
出場し、入社1年目にして見事、優勝しました。
 この結果、2013年に開催される第42回技能五輪国際大会(ドイツ・ライプツィヒ大会)への出場が
決定しました。
 技能五輪全国大会(青年技能者技能競技大会)は、多方面の職種における満23歳以下の技能者の
技能レベル全国一を競う大会です。
 ものづくり産業の基盤を担う若年技能者のレベル向上と、技能の重要性のアピールが開催目的で、
上位入賞者は2年に一度行われる国際大会出場の道が開けます。

 自動車工 (Automobile Technology) は、車の定期点検・故障の修理に欠かせない技能であり、
安全で快適な走行のために、確実な作業が迅速に行われる必要があります。
 
競技は、4つの課題をそれぞれ150分で行います。
 (1)ユニット(エンジン、トランスミッション等)の分解・測定・点検・調整組立て。
 (2)車両のブレーキ装置、ステアリング装置、走行装置等の測定・点検・修理。
 (3)ガソリン・エンジン故障診断。燃料系及びエンジン制御システムの故障診断・修理と関連する
    測定・点検・調整。
 (4)電気装置故障診断。エンジン及び車体電装の故障診断・修理と関連する測定・点検。
 
  技能五輪の詳細は 絵文字:矢印 右 こちら 
  
    
         【横澤 晃平 さん】              【横澤さんと神尾校長】 
 
【横澤先輩より在校生へ】
 24期卒業生の横澤です。
 入社1年目で技能五輪全国大会で優勝することが出来ました。
 今後、皆さんも様々な壁にぶつかると思いますが、「負けてたまるか」の精神で頑張って下さい。