トップニュース

給食・食事 スペシャリストに学ぶ

先日、「スペシャリストに学ぶ」講座が2つ行われました。



17日の火曜日には1年生を対象とし、包丁店の社長をお招きして
包丁研ぎの講座を行いました。



砥石の種類に始まり、包丁のつくり、研ぎ方、心構えまで丁寧に教えてくださいました。


(初めての包丁研ぎなので生徒も手探りです)

生徒は入学すると包丁セットを買うことになります。
自分の名前の入った、小出刃、薄刃、牛刀、ペティナイフの4本セットです。
買った当初は当然よく切れますが、徐々に切れなくなってきます。
本校では、その切れ味を戻すのは生徒の役目になっています。
自分の包丁に責任と愛着を持ち、管理できるようになってもらいたいと思います。



20日の金曜日には、2年生を対象とし、パン屋さんの社長をお招きして
製パンの講座を行いました。



1年次に手ごねのパンを作りましたが、今回は業務用のミキサーやオーブンを用いて
大量のパンを作りました。
やわらかくきれいに発酵したパン生地を前に、生徒は笑顔で作業をしていました。


↑生徒の作ったパン。
(右上から時計回りにあんぱん、オニオンハムロール、バターロール、紫芋あんぱん)


10月末に行われる文化祭では、今回の授業内容を踏まえてパンを作り販売します。
今後練習を繰り返して完成度を高め、おいしいパンを作りたいと思います。
よろしければ文化祭にお越しになって、お召し上がりいただけますと幸いです。