トップニュース

カテゴリ:情報技術科

学校 JGマガジン2016 vol.8

平成28年2月21日(火) 情報技術科1年生が、情報技術基礎という授業で、自由課題発表会を行いました。
情報技術基礎では、C言語というプログラミング言語を学習し、1年間の集大成ということで、ゲームや実用ツール等、一人ひとりが自分の作りたいプログラムを作ってきました。なかには、2年生で学ぶファイル操作や構造体などを独学し、プログラミングしている生徒も見受けられました。各自がプレゼンテーションを行い、生徒同士で相互評価を行いました。



また、2年生もプログラミング技術という授業で、C言語を用いたゲーム作製の発表会を行いました。
昨年の9月より5ヶ月の間、チームをつくり、それぞれ協力して作品を作ってきました。また、今回はネクセンツ株式会社様、早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。
各作品は、生徒同士、3年生3名(見学希望者)、教員、外部の方々の総合評価で行いました。


1班

2班

3班

4班

5班

6班

7班

8班

9班

10班

学校 JGマガジン2016 vol.7

平成29年1月19日(木)、課題研究発表会を行いました。
課題研究とはチームを作り、生徒自身が興味を持ったテーマを1年かけて取り組む3年生の授業です。
今年度は9チームが、以下のテーマに取り組みました。
 班
テーマ分類
作品概要
 1 絵文字:パソコンソフトウェア
  Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OKJava言語によるC言語プログラミング用コーディングソフトの開発
  使用言語:Java
 2 絵文字:パソコンソフトウェア
  Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OKアナログ電子回路シミュレータの開発
  使用言語:Java
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   プログラミング部門 最優秀賞
 3 絵文字:パソコンソフトウェア+システム開発
  Androidアプリケーション
 絵文字:良くできました OKNFCを用いた入退出管理システム
  使用言語:Java wwwサーバとデータベースサーバの構築
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   プログラミング部門 優良賞

※NFCとはNear Field radio Communicationの略で、日本語では「近距離無線通信」と訳されています。身近なところでは、SuicaやPASMO、コンビニで利用できるカード式の電子マネーなどで利用されている技術です。カードと読み取り装置をタッチすることにより、データ通信を行います。これにより、カードの中のデータを読み込んだり、書き換えたりすることができます。なお、カード内のICは、読み取り装置からの電波の磁界による誘導電流が発生し、これを起電力とすることで、内臓のバッテリなどによる給電を必要とすることなく動作させることができます。
 4 絵文字:パソコンソフトウェア
  クライアントプログラム
 絵文字:良くできました OKCHaserOnline2016
  使用言語:C、Java
  絵文字:星第37回全国高校生プログラミングコンテスト5位
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   競技部門 最優秀賞、優秀賞
 5 絵文字:パソコンコンテンツ
  ホームページ
 絵文字:良くできました OK越谷防災マップ
  使用ソフト:Adobe Dreamweaver、HTML5、CSS3、Javascript
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   ホームページ部門 優秀賞
  絵文字:星全国高校生ホームページコンテスト予選通過
   決勝大会2月11日(土)
 6 絵文字:パソコンコンテンツ
  CG映像
 絵文字:良くできました OKSHOWREEL 2016
  使用言語:Adobe After Effects、Photoshop、Illustrator
         Audition、Maya、CINEMA 4D Lite、SAI 2
         MediaEncoder
  絵文字:星CM動画コンテスト「DMM CM AWARDS」
   3月1日(水)結果発表
 7 絵文字:パソコンハードウェア
  ライントレース
 絵文字:良くできました OKライントレース
  使用言語:C
 8 絵文字:パソコンハードウェア
  LEGOロボット  
 絵文字:良くできました OKLEGOロボット
  使用言語:NXTソフトウェア、EV3ソフトウェア
 9 絵文字:パソコンハードウェア
  電子工作
 絵文字:良くできました OK簡易スロットとLED時計の制作
  使用言語:C
  絵文字:星マイコン回路デザインコンテスト2016エキスパート部門 銅賞


また、今回は株式会社ブービートラップ様日本クリエーター育成協会様早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。

3年生の皆さん、1年間お疲れ様でした。
1、2年生の皆さんも先輩たちを超えるような作品ができるように、様々なことに興味を持ちながら勉学に励んで下さい。

 
1班


2班
 
3班


4班
 
5班


6班 
 
7班
 
8班
 

9班
 
多くの賞をいただきました絵文字:重要絵文字:重要絵文字:重要
 
お疲れ様でした絵文字:キラキラ

学校 JGマガジン2016 vol.6

平成28年11月6日(日)第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテストが、さいたま市の大宮ソニックシティビルで行われました。
プログラミングコンテストはプログラミング部門、競技部門、ホームページ部門の3部門があります。
本校の情報技術科からは以下の生徒が各部門に参加しまし、以下の賞を受賞しました。

●最優秀賞(プログラミング部門)
 山上 翔君、永薗 朋弥君、黒土 直斗君(3人で1チーム)
 作品名「Circuitor」
 デジタル回路の電流や電圧を可視化するソフトウェア。実習でPICマイコンを壊してしまうことがあり、予めシミュレーションをして正しく回路が作られているかを確認したいというのが開発の動機。中学生で習うオームの法則や情報技術科の1,2年生が授業の補助教材として利用することを想定。完成後は無料で配布を行うことを予定している。

●最優秀賞(競技部門)
 奥 怜也君

●優秀賞(競技部門)
 河田 竜成君

●優秀賞(ホームページ部門)
 作品名「越谷市防災マップ」
 鈴木 泰平君、石崎 凜君、青木 環さん、國枝 千瑛さん(4人で1チーム)


特にプログラミング部門は、当日のプレゼンテーションで最優秀賞が決まるため、文化祭の代休を返上して取り組んできました。
前日も22時まで発表資料の作成などを行ってきました。
おめでとう絵文字:重要

  

学校 JGマガジン2016 vol.5

平成28年11月5日(土)に第37回全国高校生プログラミングコンテストがさいたま市の大宮ソニックシティビルで行われ、情報技術科3年生の奥 怜也君、河田 竜成君、高橋 友輝君、村上 和樹君のチームが本選へ臨みました。
1次予選を1位、2次予選を2位で通過して優勝が期待されていました。
休日返上でプログラムの改良を行ってきましたが、8チーム中、5位という結果になりました。
良い経験ができたと思いますので、卒業後の進路先で活かすようにして下さい。
お疲れ様でした。

学校 JGマガジン2016 vol.4

全国高校生プログラミングコンテストの全国大会へ2年連続7回目の出場することになりました。
参加選手は、情報技術科3年生の奥 怜也君、河田 竜成君、高橋 友輝君、村上 和樹君の4人グループです。
全国大会は、平成28年11月5日(土)9:00より、大宮ソニックシティで行われます。
優勝目指して、頑張ってください。