トップニュース

カテゴリ:情報技術科

花丸 情技タイムズ2018 vol13

2月19日(火)に2年生のプログラミング技術:自由課題制作の発表会がありました。

毎年、情報技術科では、今まで学習したプログラミングの知識・技術を活かし
システム開発の流れや、話合い、グループワーク、プレゼンテーションなどを学ぶ目的として
グループでゲーム制作をし、最後に発表会を行っています。

今年は全11作品のゲームが制作されました。
今年のテーマは「ゲームをあまりやったことのない人も楽しめるゲーム」です。

各班が試行錯誤し、本格的なグループ制作は初めてのことで、放課後遅く、朝早くと
ぎりぎりまで作業をしていました。
保護者の皆様のご協力と生徒自身の努力でこの発表会を迎えられました。
有難うございました。
また、お忙しい中、指導講評に来てくださった来賓の皆様有難うございました。

最初に立てた目標まで実現できなかったこともあると思いますが、
この失敗や成功の経験を次に活かし、これからの取り組みに力をいれていってもらいたいと思います。
プロ技発表会

各作品については以下の続きをクリックしてください。

<来賓>

株式会社シフォン 代表取締役 長谷川 友也 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 入学センター長 加藤 久佳 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 学科長 北村 祐斗 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 教務課長 渡邊 俊仁 様

<作品概要>
 作品テーマジャンルチーム名 概要 
 妨害弾幕迷路迷路 大谷伶也  弾を避けながら迷路をクリアする
 選べるミニゲーム数当て、早押し、
クイズ、レース 
きょうじゅと
愉快な仲間達 
 4種類のゲームが選べる。複数人で遊ぶ機能やランキング機能もあり
誰でもできる
脳トレーニング 
学習平安京  3種類の脳トレが選べる。
 タイピングゲームタイピング 威風DoDo タイピングのスコアで競う 
パズルゲーム パズル 放課後ボードゲーム部(仮)  カラーブロックの入れ替えパズル
 パズルゲームパズル あまにんぐ  落下ブロックの種類を揃えるパズル
 育成ゲームシミュレーション
(育成) 
ひなたぷろじぇくと  キャラクターを育成しゴールに導く
 陣地侵略ゲームシミュレーション
(ストラテジー) 
 optimistターン制で戦略を立て敵を倒す 
 2Dシューティングシューティング MDKK シンプルなシューティング 
初見の人でも
操作しやすい
ゲーム
 シューティング team raidonn格闘ゲーム×シューティングで二人で対戦できる 
 シューティングシューティング  Project ISKO 機体3種類、ステージ10種類ある
シューティング

花丸 情技タイムズ2018 vol12

情報技術科の1年生が受験した、情報技術検定2級の結果
合格率90%を達成しました!インフルエンザで受けられなかった人は、
また来年一緒に頑張りましょう!


検定合格率90%

また、3年生の課題研究発表会の研究テーマ一覧と課題研究発表会の写真を更新しました!
詳しくはこちらをご覧ください!

>>
情報技術科:課題研究のページへ

花丸 情技タイムズ2018 vol11

平成30年度 第31期生 情報技術科 課題研究発表会

多くの来賓の方、保護者の方に来ていただき、3年生が1年間かけて取り組んだ研究の成果を発表しました。
課題研究冊子看板
特支特支2

全体的に、高度な研究に取り組み、数々の苦労や挫折を経験しながら
技術的な成長だけでなく、精神的な成長をすることができた課題研究だったと思います。
その結果として、全国大会出場や、埼玉のコンテストで最優秀、優秀賞など、
それぞれの班で数多くの賞を頂きました。
2年生にも大変刺激になる発表会で、来年の課題研究も期待できそうです。

生徒の努力の成果を沢山の保護者の方に見て頂けて良かったです。
夜遅くや休日にまで作業をする班もあったと思いますが、
ご家庭でも支えて下さり本当にありがとうございました。

ご来賓の方々、保護者の皆様、先生方ありがとうございました。

各班研究内容一覧→詳細は今後学科ページにてまとめて紹介します。お楽しみに!

***************
<来賓一覧>
ツェナネットワークス株式会社 取締役副社長 兼 japan Entertainment 開発協会 代表理事 佐野 浩章 様
株式会社シフォン 代表取締役 長谷川 友也 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 入学センター長  兼 japan Entertainment 開発協会 高校連携局長 加藤 久佳 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 学科長 北村 祐斗 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 橋本 雄介 様
埼玉県立越谷西特別支援学校 教頭 持田 貴嘉 様
日本工業大学 先進工学部 情報メディア工学科 教授 粂野 文洋 様

***************
H30課題研究

各班の研究概要

1班
 アンドロイドアプリ:簡単かつ使いやすいシンプルな通知アプリケーションの開発
2班
 アンドロイドアプリ:ARを用いたカメラアプリケーションの開発
3班
 システム構築:情報技術科用プログラミング学習支援システムの構築
4班
 システム構築:情報技術科実習室の入退室管理システムの構築
5班
 ソフトウェア開発:災害避難シミュレータの開発
6班
 ソフトウェア開発:越谷西特別支援学校用ICT教材ソフトの開発・改善
7班
 WEB:高校生向け思い出づくり支援越谷周辺食めぐりサイト
8班  
 映像:ゲームの面白さを伝える映像制作
9班・10班・11班
 LEGOロボット:LEGOロボットの製作・制御
12班
 マイコン・電子制御:自転車装備用健康志向サイクルコンピュータの製作

グループ 文化祭まであと3日

10月27日(土)、28日(日)第31回文化祭が開催されます。
今年のテーマは「越総和音よ響け ~六つのメロディを重ねて~」です。
各クラス、学科、部活は準備に大忙しです!

写真は「門」を製作している様子です。
電子機械科と情報技術科の生徒中心に頑張っています。

レーザー加工機で麻の葉模様に切り抜いた板↓
さすが電子機械科!細かいところまで綺麗に加工されていて非常に美しいです!
門1 

麻の葉模様を切り抜いた板2↓
こちらは模様一つを大きく切り抜いたパターン
門2

「越総祭」の文字が大きく門の中央に貼られるようです。
門3

どんな門が完成するのでしょう?お楽しみに♪

出張・旅行 情技タイムズ2018 vol10

9月21日(金)情報技術科1年生は校外学習に行きました

天気はあいにくの雨、1年生初めての現地集合です。
まず、一か所目は飯田橋駅近く
入口
『東京理科大学 近代科学資料館』
創立140年近い歴史を持つ私学随一の理工系総合大学
計算機、録音技術の歴史、マイコンの歴史、パソコン・コンピュータなど
数多くの歴史的価値の高いものが展示されています。
説明
初代Mac!先生たちには懐かしく、生徒には目新しく見えます。
マックパソコン
普段は授業でキーボードを打つ生徒も初めて見るタイプライターに夢中です。
タイプライター
身近なものでは歴代のゲーム機が展示されていました。
ゲーム機展示
1960年から理科大に使用された電子計算機。
真空管より安定したパラメトロンというものを使用して日本で開発されました。
パラメトロン
アナログ微分解析機は微分方程式を解くための計算機です。
現在、理科大の大学生の方が微分解析機再生プロジェクトを行っていて、
実際に動くところを特別に見学させていただきました。
微分解析機微分解析機2
理科大の学食も利用させてもらいました。

再び電車で押上駅に移動し、二か所目に向かいます。駅の8階に直結した
『千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス』  

日本で二番目に長い歴史を持つ私立工学大学
千葉工業大学の研究活動を通して生まれた最先端技術を応用した未来体験スペース。
AreaⅠでは「ロボット技術」「人工知能」「惑星探査プロジェクト」などが
AreaⅡでは「宇宙ツアー体験」「AR」「流星観測カメラ」等が展示されています。

<AreaⅠ>
原発の内部調査でも活躍したロボット。
階段も自由自在に上ることができ、カメラで周囲の状況を確認できます・
操作にはゲームコントローラーを使用し、操作しやすくなっています。
ロボ1コントローラー
穴の開いたただの紙に人が触れると、紙の情報が動画で流れ出します。
まるでタブレットコンピュータのようにタッチで反応します。
魔法のカード魔法の説明
生徒に一番人気だったのがこれ!
3Dセンサーで人間の形を読み取り、その形に■のオブジェクトが集合します。
●のオブジェクトが流れてくるのでそれにあたらないように避けていくものです。
自分と連動するキャラクターを動かすゲーム性とシンプルなルールが生徒の興味を引きました。
3Dシャドウ説明
2足歩行ロボット
100キログラムまでのものを持ちあげることができます。
二足歩行二足歩行動画
ハナノナ
画像で読み取ったものを、人工知能が判断しなんの花に近いか名前を出力します。
ハナノナハナノナ2
次世代の自動車
8つのホイールと32個のモーターを搭載し、その場で回転することや横移動走行もできるすぐれもの。
次世代の車

<AreaⅡ>
宇宙をテーマにした展示スペース。
入口宇宙
入口入ってすぐには、マクロスFのバルキリー模型が展示されていて圧巻でした。
生徒たちもとても喜んでいました。千葉工大では総監督、メカデザイナーと協力し
マクロスfeat.CITプロジェクトとしてロボット開発を行っているそうです。
マクロスバルキリーマクロス
流星観測カメラの映像が流れていました。
流星
隕石でつくられた日本刀 天鉄刀
約4億5千万年前に宇宙から飛来した隕石を刀鍛冶が鍛え上げ作り上げた刀。
本物同様鋭い切れ味だそうです。
刀

科学技術の歴史を学び、最先端技術に触れ、生徒にとっても刺激になるいい校外学習だったと思います。