トップニュース

カテゴリ:その他

学校献血

 学校献血にご協力いただきまして
 ありがとうございました 絵文字:病院
 
 1月23日 受付総数 133名  実施数 107名(内訳 生徒94名、職員13名)
 
 
 献血いただく前に、各自が受付確認表を記入します。
次に、医師による血圧測定、血液の血色素量測定、問診を受けます。
医師から健康状態が良いと認められた人は、献血車に移動し、採血が行われます。
 本校では、生徒は200ml、職員は400mlの献血を行いました。
献血カードを持参する生徒もあり、血液不足解消にご協力いただきました。
 
 
 
 今回残念ながら、16才未満の1年生や先日の大雪で転んで怪我をした人などの
生傷がある人は、受付の段階でお断りしました。風邪薬を飲んでいても献血が出来
ないので、季節柄仕方のないことですが、日頃から体調管理には気を付けましょう。
 
 今後とも、学校献血だけではなく、献血センターへも足を運んでのご協力をよろしく
お願いします。
 
 

平成24年度 2学期終業式・表彰式・壮行会


12月21日(金)2学期の終業式が行われました。
校長、教務主任、生徒指導主任からそれぞれ2学期の反省等についてお話をしていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 また、先日の選挙により決定した新しい生徒会の会長・副会長が登壇し、
全体へ向けて挨拶を行いました。
今後の活躍に期待しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
終業式の前には表彰も行われました。
受賞者の詳細は記事の最後に記載しますので
そちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●平成24年度 表彰式 詳細
 
○第11回全国高等学校ビジネスアイデア甲子園 学校賞
3年4組   三本 洸佑
(学校としての受賞ですが、代表として三本君に受け取ってもらいました。)
 
○商工会議所132回 簿記検定試験2級
2年4組   鈴木 健太
 
○ITパスポート試験 合格
3年5組   押切 隼
3年5組   梅川 大佑
3年5組   福島 章真
3年5組   森光 勇斗
3年5組   西島 未菜
1年3組   松沢 葉子
 
○第33回 全国高等学校プログラミングコンテスト 第五位
3年3組   佐藤 玲於
3年3組   吉岡 侑里乃
 
○第22回 埼玉県工業高等学校 プログラミングコンテスト
・ホームページ部門 最優秀賞
3年3組   吉岡 侑里乃
3年3組   清波 奈緒
3年3組   高井 梨穂
 
・プログラミング部門 最優秀賞
3年3組   古川 亮
3年3組   平田 崚
3年3組   井澤 大輝
 
・プログラミング部門 優秀賞
3年3組   山本 雅人
3年3組   栗原 弘樹
3年3組   山下 侑哉
3年3組   河村 皓
3年3組   杉本 拓也
 
・プログラミング部門 優良賞
3年3組   青柳 智行
3年3組   塚田 周悟
3年3組   松田 潮流
 
○第22回 埼玉産業教育フェア アイデアロボットコンテスト
・ライントレース部門 アイデア賞
3年3組   三浦 大輝
 
・ロボットアメリカンフットボール部門 ベスト4
1年4組   新井 健
1年4組   金子 真信
1年4組   島田 尚吾
1年4組   堂田 繕稔
1年7組   田中 椋太郎
 
○第36回埼玉県アンサンブルコンテスト 高等学校地区大会 銀賞
3年3組   佐藤 玲於
 

家庭部 活動報告

  

    家庭部 活動報告


    8月13日・14日 国立女性会館で行われた指導者養成講座に 家庭部3人、
  家庭クラブ委員2人の計5人が参加しました。
 
  1日目は 荒 由利子氏による講演会とレクレーション講習会(ソフトバレー)
  2日目は、バズセッションと実技講習会(指編みでつくるアクリルたわし)
    が行われました。
 
  生徒たちは、いろいろな行事を通して、他校の生徒と親睦を含め、家庭クラブの
 活動について理解を深めていました。
 
    
              講演会                 ソフトバレー大会
 
      
       バズセッション              アクリルたわしの製作 
   

ふれあい体験


   食調課題研究+家庭部

 
  8月3日 川口市の平沼町会館で小学生とふれあい体験を行いました。
 食調課題研究班11人と家庭部3人の生徒が小学生16人と交流しました。
  
  交流内容は はしおきつくり
          みそ・やさいのはなし
          ステンシルで巾着作り
          調理実習(種パンケーキ・マーラーカオ)     です。
 
  
    
          開会のことば                      みそのはなし
      
   地産地消のはなし                     ステンシルのはなし
      
       パンケーキつくり                    会食
    
        閉会のことば
 
  最初は緊張していた高校生たちも徐々に子ども達の中に溶け込み、
 積極的に子ども達と交流していました。
  子供の『楽しかった』という言葉に高校生達はほっとしていました。 
   
 
 

保健部より~救急法講習会~

平成24年7月11日 視聴覚室にて 運動部の生徒100名、教職員14名が参加し
大塚製薬株式会社NC事業部 大宮支店 矢口 重信 様を講師にお迎えして
熱中症予防のための水分補給」講演会を開催しました。
 
 講演の中で力説されていたのは、こまめな水分補給ということでした。一度に大量の水分を補給しても逆効果で運動できなくなるそうです。摂取方法としては、運動する前と競技中に、200ml~250mlを1時間に2~4回に分けて補給することが効果的だということです。
 また、摂取するのは塩分と糖分を含んだものや市販されている生理食塩水を利用するのも良いとのことでした。
 
 
 
 
  その後、救急蘇生法について、本校体育科平尾先生から、心肺蘇生法の講義・AEDの使いの実演をしてもらい、運動部の生徒が6グループ分かれて心肺蘇生法の実習をしました。
 
  全員が、口の気道確保をし、胸骨圧迫を30やってみましたが、強く早く押すことが大変そうな生徒もいて、動作の流れを把握するだけでも困難そうでした。
 しかし、実際の場面に遭遇したときに動揺せずにできるのか。実習した動作を忘れずに使えることが大事であると思いました。