トップニュース

カテゴリ:その他

平成27年度生徒保健委員会(救急法講習会)が実施されました。

平成28年1月15日(金)生徒ホール2階において「AEDを用いた心肺蘇生法について」と題して、講演および講習会が開催されました。生徒は、積極的に講習を受講しました。
講師 越谷消防署 谷中分署職員4名
まず、講習内容の説明
続いて、生徒4班に分かれ講習を受けました。

保健部より 


平成27年度救急法講習会
学校長挨拶


講演 演題「熱中症予防のための水分補給」
講師 大塚製薬㈱ 大宮支店 栄養情報担当 竹下 浩一 様
スポーツ活動中の熱中症予防についてお話をいただきました。


熱中症の症状から水分補給のポイントまで熱中症の予防には何が必要なのか理解したようです。

救急蘇生法について
講師 本校保健体育科 竹村 義人
 
 心肺蘇生法・AEDの使い方について講演

心肺蘇生法 実演
  
グループに分かれ実習を行いました。

学校献血


*学校献血が行われました*

実施日 1月22日(木)    受付総数  144名
                     実施数    114名(生徒:97名 教職員:17名)

  

 冷たい雨が降る中、今年度も学校献血が行われました。
 今年は先生方や保健委員の呼びかけもあり、多数の方にご協力頂き予定時間を超過するほどの盛況ぶりでした。

 今年度よりタブレットによる問診が献血バスでも導入されました。また、静脈認証システムが導入され、二回目以降は専用の機械に指をかざすだけで迅速かつ正確に本人確認が可能となりました。

  

  
        待合所の様子                  中には校長先生も

 初めて献血した生徒も多く、「ドキドキした」「全然痛くなかった」「またやりたいと思う」など前向きな感想をあげてくれる生徒がたくさんいました。

 献血は、200mlまでなら男女共に16歳から。400ml献血は男性17歳、女性18歳から行えます。来年度もまた大勢の方のご来場をお待ちしています。

ご協力ありがとうございました。

救急法講習会


保健委員会の活動の一環として、救急法講習会が行われました。

日時・・・1月19日(月)15:40~17:00
場所・・・生徒ホール2階

今年も越谷消防署 谷中分署の方々にご協力頂き、
AEDを用いた心肺蘇生法についての講習会を実施しました。
                                        
参加した生徒は、1学年・2学年の各クラス保健委員28名です。

全部で4つの班に分かれ、それぞれの班に職員の方が付いて頂く形で講習を受けました。
まず心肺蘇生法の手順や、AEDの使い方について説明を受けます。
  
    
  
その後、実際に傷病者を発見する所から救急車到着までの対応手順に従い、全員がダミー人形を使って胸骨圧迫やAEDの操作を体験しました。

    

心肺蘇生法は胸骨圧迫と人工呼吸の組合せを続けるもので、救急隊が到着するまで続けるにはかなりの体力が必要です。

今回参加した保健委員の皆さんも、皆大変そうではありましたが傷病者へ声かけする際の声が大きく出ていたり、息が切れるまで胸骨圧迫したりと、とても一生懸命行ってたのが印象に残っています。

講習終わりの質問コーナーで多くの質問が出ていたことからも皆の関心の高さが伺え、有意義な時間が過ごせたのではないかと感じました。

 講習の最後にまとめのお話をして頂きました。         

          生徒代表として、2-5 井ノ口さんがお礼の
            
言葉を言いました。
      
 
谷中分署職員の皆様、ご指導ありがとうございました。