トップニュース

カテゴリ:情報技術科

合格 情技【資格試験・コンテスト結果】

今年度行われた資格試験やコンテスト等の結果をお知らせします。

基本情報技術者試験合格者 最優秀賞トロフィー 優秀賞表彰状
IT夢コンテスト表彰状 LEGOロボット ゲームウォッチ

 

  基本情報技術者試験 合格者  

2年生 4名   

3年生 4名

  第2種電気工事士 合格者  

3年生 2名

  

 

埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト

[プログラミング部門]

最優秀賞 「冷蔵庫管理アプリ食べモニター」3年(課題研究)

優秀賞  「丸型シール作成ソフト」3年(課題研究)

  

U18 IT夢コンテスト2019

最終審査会出場(221作品中30作品) 「心臓検診VR」3年(課題研究)

 

第21回電子ロボと遊ぶアイディアコンテスト

高校生エキスパート部門 特別賞 3年(課題研究)

 

マイコン回路デザインコンテスト2019

エキスパート部門 銀賞 「GAME WATCH」 3年(課題研究)

 

NEW 情技【課題研究発表会】

1月20日(月)に、情報技術科3年生の課題研究発表会を行いました。

 

アンドロイドアプリ班 丸型シールソフト班 VR班
ゲーム班 ホームページ班 CG班
LEGO班 ゲームウォッチ班 電卓の復元班

情報技術科1・2年生も見学しました。特に2年生、先輩の努力の成果を感じ来年度に向けてよい機会になったと思います。また、3年生の保護者の方々にもご見学いただきありがとうございました。

研究テーマ一覧下

ソフトウェア開発(アンドロイドアプリ)

冷蔵庫管理アプリ

「食べモニター」

プログラミング(特別支援)

丸型シール作成ソフトの開発

および値札シールソフトの改良

プログラミング(特別支援) 心電図検査VRの開発
プログラミング(ゲーム開発)

C#によるゲーム開発

「情報技術シューティングゲーム」

コンテンツ(Web制作)

外国人向け「東京五輪埼玉会場

周辺の観光地紹介サイト」

コンテンツ(映像制作)

3DCG映像

「平成をゲーム機の変遷でふり返る」

LEGOロボット WRO Japan 2019出場ロボットの製作
電子工作

現代の技術で行う1980年製

GAME WATCHの復元製作

電子工作

現代の技術で行う1971年製

電卓 JE-800の復元製作

中学生プログラミング講習会

8月7日(水)
「中学生プログラミング講習会」第一日目が開催されました。
本校の情報技術科教員が、コンピュータの使い方・楽しみ方を体験してもらおうと企画している講習会です。

 
「日本語プログラミング言語なでしこ」というソフトを使用して学んでいる様子


講習会は、明後日まで続きます。
参加してくれた中学生の皆さん、どうぞ、プログラミングの基礎を身に付けていってください。

花丸 情技タイムズ2019 Vol.1

◆◆◆ 資格取得情報 ◆◆

基本情報技術者試験 合格 3年生 2名
             2年生 2名

情報技術検定 1級 合格 3年生 1名

10月に秋期 基本情報技術者試験、1月に情報技術検定が実施されます。


◇◇ 夏休み中学生対象講座について◇◇

プログラミング教室・3DCG教室の参加者募集中です。
ぜひ、ご参加お願いします。
(情報技術科学科紹介より申込みページへ進めます)

お知らせ 【情報技術科】中学生向け夏休み講習会について

***中学生向け 夏休み講習会について***

夏休みに実施する中学生向けの講習会の申込みを7月3日より開始します。

◇中学生電子工作講習会
  「電子オルゴールを作ろう」7月23日(火) 1日間 定員20名
   マイコンを使った電子オルゴールの作成をします。
   はんだ付けから、メロディー作成(プログラミング)までを学習します。

   申し込みはこちら 絵文字:矢印 右 電子工作申込み電子オルゴール


◇中学生プログラミング講習会
  「なでしこ~迷路ゲームの作成~」8月7日(水)~9日(金) 3日間 定員30名
   日本語プログラミング言語なでしこを使用して、プログラミングの基礎を学び
   3日間を通して迷路ゲームの作成を行います。
迷路ゲーム
   申し込みはこちら 絵文字:矢印 右 プログラミング申込み


◇中学生3DCG講習会
  「3DCG~Mayaを使ってみよう~」8月20日(火)~21日(水) 2日間 定員30名
   3次元コンピュータグラフィックスソフトの使い方の基礎を学び
   2日間を通して3D画像の作成を行います。
サイコロ
   申し込みはこちら 絵文字:矢印 右 3DCG申込み


※各講習会とも以下のスケジュールで行います
 受 付 9:30~ 
 講 習 10:00~16:00 
 持ち物 筆記用具・上履き・弁当・水筒

※申込みシートの保護者欄にチェックを入れないと受付けられない設定になっています。
 すいませんが、保護者欄をチェックし、登録ください。尚、保護者の参加は自由とし、
 見学のみとさせていただきます。

※いずれも先着順となっております。尚、TEL・FAX等での申込は受付けておりません。
 上記のリンクよりお申込みください。

花丸 情技タイムズ2018 vol13

2月19日(火)に2年生のプログラミング技術:自由課題制作の発表会がありました。

毎年、情報技術科では、今まで学習したプログラミングの知識・技術を活かし
システム開発の流れや、話合い、グループワーク、プレゼンテーションなどを学ぶ目的として
グループでゲーム制作をし、最後に発表会を行っています。

今年は全11作品のゲームが制作されました。
今年のテーマは「ゲームをあまりやったことのない人も楽しめるゲーム」です。

各班が試行錯誤し、本格的なグループ制作は初めてのことで、放課後遅く、朝早くと
ぎりぎりまで作業をしていました。
保護者の皆様のご協力と生徒自身の努力でこの発表会を迎えられました。
有難うございました。
また、お忙しい中、指導講評に来てくださった来賓の皆様有難うございました。

最初に立てた目標まで実現できなかったこともあると思いますが、
この失敗や成功の経験を次に活かし、これからの取り組みに力をいれていってもらいたいと思います。
プロ技発表会

各作品については以下の続きをクリックしてください。

<来賓>

株式会社シフォン 代表取締役 長谷川 友也 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 入学センター長 加藤 久佳 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 学科長 北村 祐斗 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 教務課長 渡邊 俊仁 様

<作品概要>
 作品テーマジャンルチーム名 概要 
 妨害弾幕迷路迷路 大谷伶也  弾を避けながら迷路をクリアする
 選べるミニゲーム数当て、早押し、
クイズ、レース 
きょうじゅと
愉快な仲間達 
 4種類のゲームが選べる。複数人で遊ぶ機能やランキング機能もあり
誰でもできる
脳トレーニング 
学習平安京  3種類の脳トレが選べる。
 タイピングゲームタイピング 威風DoDo タイピングのスコアで競う 
パズルゲーム パズル 放課後ボードゲーム部(仮)  カラーブロックの入れ替えパズル
 パズルゲームパズル あまにんぐ  落下ブロックの種類を揃えるパズル
 育成ゲームシミュレーション
(育成) 
ひなたぷろじぇくと  キャラクターを育成しゴールに導く
 陣地侵略ゲームシミュレーション
(ストラテジー) 
 optimistターン制で戦略を立て敵を倒す 
 2Dシューティングシューティング MDKK シンプルなシューティング 
初見の人でも
操作しやすい
ゲーム
 シューティング team raidonn格闘ゲーム×シューティングで二人で対戦できる 
 シューティングシューティング  Project ISKO 機体3種類、ステージ10種類ある
シューティング

花丸 情技タイムズ2018 vol12

情報技術科の1年生が受験した、情報技術検定2級の結果
合格率90%を達成しました!インフルエンザで受けられなかった人は、
また来年一緒に頑張りましょう!


検定合格率90%

また、3年生の課題研究発表会の研究テーマ一覧と課題研究発表会の写真を更新しました!
詳しくはこちらをご覧ください!

>>
情報技術科:課題研究のページへ

花丸 情技タイムズ2018 vol11

平成30年度 第31期生 情報技術科 課題研究発表会

多くの来賓の方、保護者の方に来ていただき、3年生が1年間かけて取り組んだ研究の成果を発表しました。
課題研究冊子看板
特支特支2

全体的に、高度な研究に取り組み、数々の苦労や挫折を経験しながら
技術的な成長だけでなく、精神的な成長をすることができた課題研究だったと思います。
その結果として、全国大会出場や、埼玉のコンテストで最優秀、優秀賞など、
それぞれの班で数多くの賞を頂きました。
2年生にも大変刺激になる発表会で、来年の課題研究も期待できそうです。

生徒の努力の成果を沢山の保護者の方に見て頂けて良かったです。
夜遅くや休日にまで作業をする班もあったと思いますが、
ご家庭でも支えて下さり本当にありがとうございました。

ご来賓の方々、保護者の皆様、先生方ありがとうございました。

各班研究内容一覧→詳細は今後学科ページにてまとめて紹介します。お楽しみに!

***************
<来賓一覧>
ツェナネットワークス株式会社 取締役副社長 兼 japan Entertainment 開発協会 代表理事 佐野 浩章 様
株式会社シフォン 代表取締役 長谷川 友也 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 入学センター長  兼 japan Entertainment 開発協会 高校連携局長 加藤 久佳 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 学科長 北村 祐斗 様
学校法人 中央情報学園 早稲田文理専門学校 ゲームクリエイター学科 橋本 雄介 様
埼玉県立越谷西特別支援学校 教頭 持田 貴嘉 様
日本工業大学 先進工学部 情報メディア工学科 教授 粂野 文洋 様

***************
H30課題研究

各班の研究概要

1班
 アンドロイドアプリ:簡単かつ使いやすいシンプルな通知アプリケーションの開発
2班
 アンドロイドアプリ:ARを用いたカメラアプリケーションの開発
3班
 システム構築:情報技術科用プログラミング学習支援システムの構築
4班
 システム構築:情報技術科実習室の入退室管理システムの構築
5班
 ソフトウェア開発:災害避難シミュレータの開発
6班
 ソフトウェア開発:越谷西特別支援学校用ICT教材ソフトの開発・改善
7班
 WEB:高校生向け思い出づくり支援越谷周辺食めぐりサイト
8班  
 映像:ゲームの面白さを伝える映像制作
9班・10班・11班
 LEGOロボット:LEGOロボットの製作・制御
12班
 マイコン・電子制御:自転車装備用健康志向サイクルコンピュータの製作

グループ 文化祭まであと3日

10月27日(土)、28日(日)第31回文化祭が開催されます。
今年のテーマは「越総和音よ響け ~六つのメロディを重ねて~」です。
各クラス、学科、部活は準備に大忙しです!

写真は「門」を製作している様子です。
電子機械科と情報技術科の生徒中心に頑張っています。

レーザー加工機で麻の葉模様に切り抜いた板↓
さすが電子機械科!細かいところまで綺麗に加工されていて非常に美しいです!
門1 

麻の葉模様を切り抜いた板2↓
こちらは模様一つを大きく切り抜いたパターン
門2

「越総祭」の文字が大きく門の中央に貼られるようです。
門3

どんな門が完成するのでしょう?お楽しみに♪

出張・旅行 情技タイムズ2018 vol10

9月21日(金)情報技術科1年生は校外学習に行きました

天気はあいにくの雨、1年生初めての現地集合です。
まず、一か所目は飯田橋駅近く
入口
『東京理科大学 近代科学資料館』
創立140年近い歴史を持つ私学随一の理工系総合大学
計算機、録音技術の歴史、マイコンの歴史、パソコン・コンピュータなど
数多くの歴史的価値の高いものが展示されています。
説明
初代Mac!先生たちには懐かしく、生徒には目新しく見えます。
マックパソコン
普段は授業でキーボードを打つ生徒も初めて見るタイプライターに夢中です。
タイプライター
身近なものでは歴代のゲーム機が展示されていました。
ゲーム機展示
1960年から理科大に使用された電子計算機。
真空管より安定したパラメトロンというものを使用して日本で開発されました。
パラメトロン
アナログ微分解析機は微分方程式を解くための計算機です。
現在、理科大の大学生の方が微分解析機再生プロジェクトを行っていて、
実際に動くところを特別に見学させていただきました。
微分解析機微分解析機2
理科大の学食も利用させてもらいました。

再び電車で押上駅に移動し、二か所目に向かいます。駅の8階に直結した
『千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス』  

日本で二番目に長い歴史を持つ私立工学大学
千葉工業大学の研究活動を通して生まれた最先端技術を応用した未来体験スペース。
AreaⅠでは「ロボット技術」「人工知能」「惑星探査プロジェクト」などが
AreaⅡでは「宇宙ツアー体験」「AR」「流星観測カメラ」等が展示されています。

<AreaⅠ>
原発の内部調査でも活躍したロボット。
階段も自由自在に上ることができ、カメラで周囲の状況を確認できます・
操作にはゲームコントローラーを使用し、操作しやすくなっています。
ロボ1コントローラー
穴の開いたただの紙に人が触れると、紙の情報が動画で流れ出します。
まるでタブレットコンピュータのようにタッチで反応します。
魔法のカード魔法の説明
生徒に一番人気だったのがこれ!
3Dセンサーで人間の形を読み取り、その形に■のオブジェクトが集合します。
●のオブジェクトが流れてくるのでそれにあたらないように避けていくものです。
自分と連動するキャラクターを動かすゲーム性とシンプルなルールが生徒の興味を引きました。
3Dシャドウ説明
2足歩行ロボット
100キログラムまでのものを持ちあげることができます。
二足歩行二足歩行動画
ハナノナ
画像で読み取ったものを、人工知能が判断しなんの花に近いか名前を出力します。
ハナノナハナノナ2
次世代の自動車
8つのホイールと32個のモーターを搭載し、その場で回転することや横移動走行もできるすぐれもの。
次世代の車

<AreaⅡ>
宇宙をテーマにした展示スペース。
入口宇宙
入口入ってすぐには、マクロスFのバルキリー模型が展示されていて圧巻でした。
生徒たちもとても喜んでいました。千葉工大では総監督、メカデザイナーと協力し
マクロスfeat.CITプロジェクトとしてロボット開発を行っているそうです。
マクロスバルキリーマクロス
流星観測カメラの映像が流れていました。
流星
隕石でつくられた日本刀 天鉄刀
約4億5千万年前に宇宙から飛来した隕石を刀鍛冶が鍛え上げ作り上げた刀。
本物同様鋭い切れ味だそうです。
刀

科学技術の歴史を学び、最先端技術に触れ、生徒にとっても刺激になるいい校外学習だったと思います。

花丸 情技タイムズ2018 vol9


WRO Japan 北関東2018 大会
優勝 / 準優勝

lego1
8月12日(日)に帝京大学 宇都宮キャンパスで行われたWRO Japan 北関東2018大会は
LEGOロボットで決められた課題をこなしその得点を競う大会です。
この大会において、情報技術科の3年 チーム:parallel と チーム:2人ぼっち戦線 の
2チームが大会の1位、2位を独占しました!!

チーム:parallel                                       チーム:二人ぼっち戦線
なお、優勝したチーム:parallelは
9月9日(日) WRO Japan 決勝大会in金沢に出場
します。
決勝大会では、制限時間内に1からロボットを組み立て、調整し試走します。
開始直前に発表されるサプライズルールにも対応しなければならないため、より高度な技術と冷静は判断力、
そしてなりよりチームのコンビネーションが重要となります。

ぜひ、頑張ってきてもらいたいと思います!!!!

花丸 情技タイムズ2018 vol8


ものこん
平成30年度高校生ものづくりコンテスト電子回路組立部門とは、
はんだづけの技術とプログラミング技術の両方の実技を競うコンテストです。
7月26日(木)に行われた埼玉県大会では情報技術科から
3年生2名、2年生4名の計6名出場しました。
mono1
結果は
 
2位  3年 阿部ブライヤン 君
3位  3年 新井 優希   さん

6 位  2年 鈴木 君
13位  2年 大崎 君
18位  2年 古川 君
19位  2年 赤田 さん

 mono6
努力のかいあり、3年生は上位に入賞することができました!
2年生も大健闘で、全員が全体の半分以上の順位にくいこみました!
mono2mono3
mono4mono5
また、2位になった3年3組 阿部 ブライヤン 君は8/17(金)の関東大会に出場しました。
惜しくも全国大会出場は逃しましたが、最後まで諦めず力を尽くしました。
高校最後の夏にとても良い経験ができたと思います。
mono10mono11
3年生2年生ともに、一回りも二回りも成長できたと思います。
2年生はぜひ来年また挑戦していってもらいたいです!

※ものづくりコンテストは、制限時間内に基板を作成し、その基板を用いてプログラム課題に取り組む大会です。

グループ 情技タイムズ2018 vol7

情報技術科 夏休みの夏季講習会
只今受付中です。
8月6日(月)~8月8日(水)プログラミング講習会 
定員に達しましたので締め切りました。
申し込み有難うございました。

8月9日(木)~8月10日(金)3DCG講習会
8月7日(火)が申し込み期限となっております。
まだ募集人数に空きがありますので、ぜひご参加ください。
3DCG←受付

8月22日(水)CG(画像処理)講習会
8月20日(月)が申し込み期限となっております。
まだ募集人数に空きがありますので、ぜひ保護者の方も一緒にご参加ください。
CG講習会←受付

講習会では、担当の先生が丁寧に教えてくれるので、パソコンをあまり使ったことがなくても大丈夫です!
情報技術科の在校生も講習会の手伝いをしているので、わからないことも聞きやすいと思います!
保護者の方も見学ができるので、ぜひご一緒にお越しください!
たくさんのご参加をお待ちしております。

会議・研修 情技タイムズ2018 vol6

おしらせ

情報技術科では夏休みに中学生向け講習会を各種実施しております!
どの講座も、初めての方大歓迎です。担当の先生や、在学中の先輩方が丁寧に教えてくれます。
保護者の方もご同伴いただけます。
各講座の受付を開始しましたので、ぜひご参加ください!!

●中学生プログラミング講習会 8/6(月)~8/8(水)の3日間
  「なでしこ」という日本語プログラミング言語を使って「ゲームプログラム(RPG)」を作ります。
  プログラミング経験がなくてもできます!
中プロ

●中学生3DCG講習会 8/9(木)~8/10(金)の2日間
  「Maya」という3DCGグラフィックソフトを使って自由な作品を作ります。
  作った作品はデータで持ち帰ることができます!
中3D

●中学生CG(画像処理)講習会 8/22(水)
  「PhotoShop」というCGソフトを使って画像処理を用いた作品を作ります。
  この講座は保護者の方もご一緒に参加できます!
中CG
  
※PCの台数の都合で定員がございます。受付人数が定員になり次第受付は終了致します。

キラキラ 情技タイムズ2018 vol5

プロ技バナー

6月26日(火) 2年生が1年生の情報技術基礎の授業で作成した、プログラム作品を発表しました。
授業で習った知識に加え、自分たちで調べ苦労して作った作品を振り返りながら、
これからプログラムを学んでいく1年生に向けて説明していました。

じゃんけんゲームや数当てゲーム、西暦和暦変換、シーザー暗号化プログラムなど、
多種多様な作品が紹介され、1年生もとても興味深そうに聞いていました。
2年生は発表の練習になるいい機会だったと思います。
また今年の1年生も、三学期に作品を作るので出来上がりが楽しみです。

発表会

花丸 情技タイムズ2018 vol4

6月に実施された計算技術検定試験は
情報技術科は、合格率92.5%でした。



惜しくも今回受からなかった人は、11月にもまた検定試験があるので
今度こそ受かるよう、苦手な問題を克服しておきましょう!
今年中に1年生全員合格を目指して、頑張っていきましょう!

学校 JGマガジン2017 vol.9

平成30年1月18日(木)、課題研究発表会を行いました。
課題研究では班を作り、班ごとに生徒自身が興味を持ったテーマを1年かけて取り組む3年生の授業です。
今年度は全12班が、以下のテーマに取り組みました。

 班テーマ分類 作品概要 
 1 絵文字:パソコンソフトウェア+サーバ構築
RaspberryPIアプリケーション
 絵文字:良くできました OK情報技術科内のSNSアプリケーションの開発
  使用言語:HTML+PHP
 2 絵文字:パソコンソフトウェア
Androidアプリケーション
 絵文字:良くできました OK運動促進アプリケーションの開発
  使用言語:Java
 3 絵文字:パソコンソフトウェア
Webブラウザアプリケーション
 絵文字:良くできました OKスマートフォン用動画編集アプリケーションの開発
  使用言語:HTML5+CSS+JavaScript

 4
 絵文字:パソコンソフトウェア
Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OKプログラム開発支援ツールの製作
(ソースコード?フローチャート相互変換)
★埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
 プログラミング部門 優秀賞
  使用言語:C#
 5 絵文字:パソコンソフトウェア
Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OK小学生高学年~中学生向け論理的思考学習ソフトの開発
  使用言語:C#
 6 絵文字:パソコンソフトウェア
Webブラウザアプリケーション
 絵文字:良くできました OK特別支援学校教材開発 GUIによる名刺作成ソフト
★埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
 プログラミング部門 優良賞
  使用言語:HTML5+CSS3+JavaScript
 7 絵文字:パソコンコンテンツ
ホームページ
 絵文字:良くできました OK外国人観光客向け埼玉伝統工芸紹介Webページの製作
★埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
 ホームページ部門 最優秀賞
★彩の国さいたまICTコンテスト
 埼玉県知事賞、富士通賞
  使用言語:HTML5+CSS3+JavaScript
 8 絵文字:パソコンコンテンツ
CG映像
 絵文字:良くできました OKネットワークの仕組みを可視化する映像作品の製作
  使用ソフトウェア:MAYA2015+Adobe After effects
 9
10
11
 絵文字:パソコンハードウェア(制御)
LEGOロボット
 絵文字:良くできました OKコンテスト向けLEGOロボットの製作
  使用言語:EV3ソフトウェア
 12 絵文字:パソコンハードウェア(制御)
電子工作
 絵文字:良くできました OK災害時でも使える多機能時計の製作
★神奈川工科大学マイコン回路デザインコンテスト2017
 制作技術賞・後閑特別賞
  使用言語:C

また、今年度はツェナネットワークス株式会社様ネクセンツ株式会社様、早稲田文理専門学校様、株式会社シフォン様、埼玉県立越谷西特別支援学校様にお越し頂き、指導講評をして頂きました。
ありがとうございました。

3年生の皆さん、1年間お疲れ様でした。
1、2年生の皆さんも先輩たちを超えるような作品ができるように、様々なことに興味を持ちながら勉学に励んで下さい。


1班

2班
3班

4班

5班

6班

7班

8班

9班、10班、11班

12班

多くの賞を受賞しました絵文字:重要絵文字:重要絵文字:重要

学校 JGマガジン2017 vol.8

平成29年11月20日(月)
プロフェッショナル育成推進事業「目指せプロフェッショナル」において、情報技術科2年生を対象に「情報通信ネットワークについて」というテーマについて、株式会社ミライト 笠原 駿一 様に講演をしていただきました。
本校情報技術科のOBでもある笠原 様は、生徒に大変わかりやすい講演をしてくださいました。
講演後、光融着接続デモ、LANケーブル作成デモも披露していただきました。
また、生徒全員がLANケーブル作成を体験しました。
生徒も情報通信について興味を持てたようです。
笠原 様、ありがとうございました。




学校 JGマガジン2017 vol.7

9月27日(水)に東京電機大学工学部電気電子工学科の原 和裕 教授に出前授業をして頂きました。
1年生を対象に「センサの話」というテーマでの講義でした。
温度を検知する赤外線センサやデジカメで利用されるCCD撮像センサ、自動車や航空機で使われるミリ波センサなど、原理と用途について詳しく学ぶことができました。
ありがとうございました。

学校 JGマガジン2017 vol.6

経済産業大臣賞受賞!!

本校29期生の山上 翔さん(東京電機大学1年生)、永薗 朋弥さん(東京工科大学1年生)、黒土 直斗さん(東京電機大学1年生)がU-22プログラミングコンテストにおいて、経済産業大臣賞を受賞しました。
受賞した作品は在籍時に課題研究で開発したCircuitorです。
Circuitorは電子回路をシュミレートできるアプリケーションで、電源や抵抗、LED、マイコンなどを組込み、実行時の電流や電圧、LEDの点灯の様子を視覚化できるのものです。
本校卒業後、交流電源にも対応させ、実行速度も1.5倍程度高速化を行いました。
現在、情報技術科で学んでいる皆さんも、先輩たちのようなアプリケーションの開発にチャレンジしていきましょう。


★10月1日(日)秋葉原コンベンションホールにて
最終選考でのプレゼンテーションの様子とトロフィー授与
 


★10月2日(月)東京証券会館にて
表彰式の様子
 

学校 JGマガジン2017 vol.5

JGマガジン2017 vol.5

8月に小学生や中学生を対象とした講習会の様子について紹介します。

①プログラミング講習会(中学生対象)7月31日(月)~8月2日(水)
日本語プログラミング言語「なでしこ」を使って、プログラミングを3日間で学びました。
最終日には、迷路ゲームを作り上げました。
30名以上の応募があり、中学生プログラミングコンテストに3名が応募をしました。



中学生プログラミングコンテストに応募した作品です。





②パソコンでロボットを動かそう(小学3年生、4年生対象)8月8日(火)
レゴブロックの簡単に作り直せるという特徴を活かし、提示されたミッション(課題)通りに動くロボットを製作しました。
うまく制御できるように、プログラムを作りました。



③画像処理教室(中学生対象)8月9日(水)と10日(木)
Photoshop CCを用いて、画像加工を学びました。


参加していただいた小中学生の皆さん、お疲れ様でした。

学校 JGマガジン2017 vol.3

情報技術科では、中学生を対象に7月から8月にかけて、以下の日程で講習会を実施します。
本日より募集を開始いたしました。
以下のリンク先から、お申込みください。
ご不明の点が有りましたら、各講習会担当まで電話でお問い合わせください。

①3DCG教室(定員20名) 申込みはこちら
 内容:Maya(ハイエンド3次元コンピュータグラフィックスソフトウェア)を使って3DCGを作成します。
 期間:7月27日(木)~28日(金)9:30~15:30
    ※2日間出席できることが参加条件となります
    ★今年度より、新しく始まる講習会です
 担当:山口


②中学生プログラミング講習会(定員30名) 申込みはこちら
 内容:日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ったゲーム制作
 期間:7月31日(月)~8月2日(水)9:30~15:30
    ※3日間出席できることが参加条件となります
    ★完成した作品は、第27回埼玉県工業高校プログラミングコンテスト中学生部門へ応募することも可能です
 担当:横田


③画像処理教室(定員20名) 申込みはこちら
 内容:Photoshop CCを使った画像処理
 期間:8月9日(水)と10日(木)9:30~15:30
    ※9日と10日は同じ内容になりますので、どちらか一日お選び下さい
 担当:清水

学校 JGマガジン2017 vol.2

情報技術科卒業生(26期生)が、本校で教育実習を行いました。
情報技術科の皆さんへメッセージを頂きました。

情技のみなさんへ
これからの学校生活や人生で色々な経験をしていきます。
その中で辛い思いをすることもあると思いますが、みなさんがもっている元気のよさでこれからの学校生活や人生を楽しんで過ごしてください。
3週間本当にありがとうございました。
みなさんと出会えたことに感謝しています。
最後に、みなさんにとって忘れられない教育実習生となれたでしょうか?
私はみなさんのこと忘れません!
またいつか会える日が来るのを心待ちにしています!


また、教育実習を行って、次のような感想を持ったそうです。
 3週間の教育実習は、長いようで短く、あっという間の日々でした。
多くの方々に支えて頂き、教師の魅力を強く感じました。
恵まれた環境の中で教育実習をさせて頂くことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
教育実習は私にとって忘れられない濃い3週間となりました。
今後さらなる自己成長を遂げるために、この経験を活かしていきたいと考えております。

頑張って、夢を叶えてください!

学校 JGマガジン2017 vol.1

情報技術科では、中学生を対象に7月から8月にかけて、以下の日程で講習会を実施します。
内容や時間帯につきましては、変更する場合があります。
本校ホームページにおいて、7月3日以降に受付開始を予定しています。

①3DCG教室(定員20名)
 内容:Maya(ハイエンド3次元コンピュータグラフィックスソフトウェア)を使った3DCGの制作
 期間:7月27日(木)~28日(金)9:30~15:30
    ※2日間出席できることが参加条件となります
    ★今年度より、新しく始まる講習会です

②中学生プログラミング講習会(定員30名)
 内容:日本語プログラミング言語「なでしこ」を使ったゲーム制作
 期間:7月31日(月)~8月2日(水)9:30~15:30
    ※3日間出席できることが参加条件となります
    ★完成した作品は、第27回埼玉県工業高校プログラミングコンテスト中学生部門へ応募することができます

③画像処理教室(定員20名)
 内容:Photoshop CCを使った画像処理
 期間:8月9日(水)と10日(木)9:30~15:30
    ※9日と10日は同じ内容になりますので、どちらか一日お選び下さい

学校 JGマガジン2016 vol.9

情報技術科では、情報技術製図という2年生で行う授業があります。
製図の基本を勉強し、手書きによる製図やCADを用いて、サイコロやスマートフォンの製図を行ってきました。
3学期からは、Mayaというハイエンド3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアを用いて、様々なCGを作成しました。
以下、生徒の作品をいくつか紹介します。

【惑星】
前田君の作品


豊岡君の作品


【サイコロ】
CADで製図を行ったサイコロをMayaで再現しました。

押田君の作品


高野君の作品


【コーヒーカップ】
佐藤君の作品


押田君の作品



また、Mayaで作った3DCGをUnityというゲームエンジンを利用し、物理現象の再現を行いました。来年度以降は、3Dゲームの制作も取り入れていく予定です。

【Maya】


【Unity】

学校 JGマガジン2016 vol.8

平成28年2月21日(火) 情報技術科1年生が、情報技術基礎という授業で、自由課題発表会を行いました。
情報技術基礎では、C言語というプログラミング言語を学習し、1年間の集大成ということで、ゲームや実用ツール等、一人ひとりが自分の作りたいプログラムを作ってきました。なかには、2年生で学ぶファイル操作や構造体などを独学し、プログラミングしている生徒も見受けられました。各自がプレゼンテーションを行い、生徒同士で相互評価を行いました。



また、2年生もプログラミング技術という授業で、C言語を用いたゲーム作製の発表会を行いました。
昨年の9月より5ヶ月の間、チームをつくり、それぞれ協力して作品を作ってきました。また、今回はネクセンツ株式会社様、早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。
各作品は、生徒同士、3年生3名(見学希望者)、教員、外部の方々の総合評価で行いました。


1班

2班

3班

4班

5班

6班

7班

8班

9班

10班

学校 JGマガジン2016 vol.7

平成29年1月19日(木)、課題研究発表会を行いました。
課題研究とはチームを作り、生徒自身が興味を持ったテーマを1年かけて取り組む3年生の授業です。
今年度は9チームが、以下のテーマに取り組みました。
 班
テーマ分類
作品概要
 1 絵文字:パソコンソフトウェア
  Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OKJava言語によるC言語プログラミング用コーディングソフトの開発
  使用言語:Java
 2 絵文字:パソコンソフトウェア
  Windowsアプリケーション
 絵文字:良くできました OKアナログ電子回路シミュレータの開発
  使用言語:Java
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   プログラミング部門 最優秀賞
 3 絵文字:パソコンソフトウェア+システム開発
  Androidアプリケーション
 絵文字:良くできました OKNFCを用いた入退出管理システム
  使用言語:Java wwwサーバとデータベースサーバの構築
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   プログラミング部門 優良賞

※NFCとはNear Field radio Communicationの略で、日本語では「近距離無線通信」と訳されています。身近なところでは、SuicaやPASMO、コンビニで利用できるカード式の電子マネーなどで利用されている技術です。カードと読み取り装置をタッチすることにより、データ通信を行います。これにより、カードの中のデータを読み込んだり、書き換えたりすることができます。なお、カード内のICは、読み取り装置からの電波の磁界による誘導電流が発生し、これを起電力とすることで、内臓のバッテリなどによる給電を必要とすることなく動作させることができます。
 4 絵文字:パソコンソフトウェア
  クライアントプログラム
 絵文字:良くできました OKCHaserOnline2016
  使用言語:C、Java
  絵文字:星第37回全国高校生プログラミングコンテスト5位
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   競技部門 最優秀賞、優秀賞
 5 絵文字:パソコンコンテンツ
  ホームページ
 絵文字:良くできました OK越谷防災マップ
  使用ソフト:Adobe Dreamweaver、HTML5、CSS3、Javascript
  絵文字:星第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテスト
   ホームページ部門 優秀賞
  絵文字:星全国高校生ホームページコンテスト予選通過
   決勝大会2月11日(土)
 6 絵文字:パソコンコンテンツ
  CG映像
 絵文字:良くできました OKSHOWREEL 2016
  使用言語:Adobe After Effects、Photoshop、Illustrator
         Audition、Maya、CINEMA 4D Lite、SAI 2
         MediaEncoder
  絵文字:星CM動画コンテスト「DMM CM AWARDS」
   3月1日(水)結果発表
 7 絵文字:パソコンハードウェア
  ライントレース
 絵文字:良くできました OKライントレース
  使用言語:C
 8 絵文字:パソコンハードウェア
  LEGOロボット  
 絵文字:良くできました OKLEGOロボット
  使用言語:NXTソフトウェア、EV3ソフトウェア
 9 絵文字:パソコンハードウェア
  電子工作
 絵文字:良くできました OK簡易スロットとLED時計の制作
  使用言語:C
  絵文字:星マイコン回路デザインコンテスト2016エキスパート部門 銅賞


また、今回は株式会社ブービートラップ様日本クリエーター育成協会様早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。

3年生の皆さん、1年間お疲れ様でした。
1、2年生の皆さんも先輩たちを超えるような作品ができるように、様々なことに興味を持ちながら勉学に励んで下さい。

 
1班


2班
 
3班


4班
 
5班


6班 
 
7班
 
8班
 

9班
 
多くの賞をいただきました絵文字:重要絵文字:重要絵文字:重要
 
お疲れ様でした絵文字:キラキラ

学校 JGマガジン2016 vol.6

平成28年11月6日(日)第26回埼玉県工業高等学校プログラミングコンテストが、さいたま市の大宮ソニックシティビルで行われました。
プログラミングコンテストはプログラミング部門、競技部門、ホームページ部門の3部門があります。
本校の情報技術科からは以下の生徒が各部門に参加しまし、以下の賞を受賞しました。

●最優秀賞(プログラミング部門)
 山上 翔君、永薗 朋弥君、黒土 直斗君(3人で1チーム)
 作品名「Circuitor」
 デジタル回路の電流や電圧を可視化するソフトウェア。実習でPICマイコンを壊してしまうことがあり、予めシミュレーションをして正しく回路が作られているかを確認したいというのが開発の動機。中学生で習うオームの法則や情報技術科の1,2年生が授業の補助教材として利用することを想定。完成後は無料で配布を行うことを予定している。

●最優秀賞(競技部門)
 奥 怜也君

●優秀賞(競技部門)
 河田 竜成君

●優秀賞(ホームページ部門)
 作品名「越谷市防災マップ」
 鈴木 泰平君、石崎 凜君、青木 環さん、國枝 千瑛さん(4人で1チーム)


特にプログラミング部門は、当日のプレゼンテーションで最優秀賞が決まるため、文化祭の代休を返上して取り組んできました。
前日も22時まで発表資料の作成などを行ってきました。
おめでとう絵文字:重要

  

学校 JGマガジン2016 vol.5

平成28年11月5日(土)に第37回全国高校生プログラミングコンテストがさいたま市の大宮ソニックシティビルで行われ、情報技術科3年生の奥 怜也君、河田 竜成君、高橋 友輝君、村上 和樹君のチームが本選へ臨みました。
1次予選を1位、2次予選を2位で通過して優勝が期待されていました。
休日返上でプログラムの改良を行ってきましたが、8チーム中、5位という結果になりました。
良い経験ができたと思いますので、卒業後の進路先で活かすようにして下さい。
お疲れ様でした。

学校 JGマガジン2016 vol.4

全国高校生プログラミングコンテストの全国大会へ2年連続7回目の出場することになりました。
参加選手は、情報技術科3年生の奥 怜也君、河田 竜成君、高橋 友輝君、村上 和樹君の4人グループです。
全国大会は、平成28年11月5日(土)9:00より、大宮ソニックシティで行われます。
優勝目指して、頑張ってください。

学校 JGマガジン2016 vol.3

8月2日(火)と3日(水)に中学生CG講習会が実施されました。
また、8月8日(月)から10日(水)までの3日間、中学生プログラミング講習会が実施されました。



中学生プログラミング講習会では、情報技術科の生徒がアシスタントとなり、中学生のゲーム作成のサポートを行いました。
最終日には、参加した中学生全員の作品をCDへ記録して、持ち帰って頂きました。
オリジナリティのあるゲームを紹介いたします。
 
 
 
 
 
 

学校 JGマガジン2016 vol.2

中学生CG講習会のお知らせ

コンピュータや情報技術科に興味のある中学生の皆さん、CG講習会に参加してみませんか?
CG(コンピュータ・グラフィックス)は、映画やテレビなどでも目にする機会が多いと思います。
今回の講習会では、代表的なCGのソフトウェア「PhotoShop」を使って簡単な作品を制作します。
CG/画像処理の経験が無くても、中学生であれば、どなたでも参加できます。
越谷総合技術高校の先生や先輩がやさしく教えますので、ぜひ参加して下さい。

担当 情報技術科 清水

期間
平成28年8月2日(火)、3日(水) 9:30~15:30

参加申し込み
定員に達したため締め切りました
申込期間:7月1日(金)~7月29日(金)12:00まで
※8月2日と3日は同じ内容ですので、参加希望の方はどちらか1日を指定して下さい。
※定員の20名に達し次第、募集は終了いたします。予めご了承ください。
※保護者の方も一緒に参加できます。

 

学校 JGマガジン2016 vol.1

中学生プログラミング講習会のお知らせ

コンピュータや情報技術科の勉強に興味のある中学生の皆さん、この夏休みに越谷総合技術高校の講習会に参加して、プログラミングを体験してみませんか?
「プログラミング」とは、コンピュータにあらかじめ命令を教えておく作業のことです。
今回の講習会では、日本語プログラミング言語「なでしこ」を使って迷路探検ゲームのRPGゲームを3日間で作成します。
また、今年度から新たにネットワークを利用した、同時対戦ゲーム「鬼ごっこ」も実施する予定です。
プログラミングの経験がなくても中学生でしたら、どなたでも参加していただけます。
越谷総合技術高等学校の先生や先輩がやさしく教えますので、ぜひ参加して下さい。

担当 情報技術科 山口

期間
平成28年8月8日(月)から10日(水)までの3日間 9:00~16:00

参加申し込み
定員に達したため締め切りました
申込期間:7月1日(金)~7月29日(金)12:00まで
※定員の30名に達し次第、募集は終了いたします。予めご了承下さい。

講習会の内容
「なでしこ」という日本語をベースにしたプログラミング言語を使用して、ゲームを作り上げていきます。
①キャラクターやマップのデザインも行い、オリジナルRPGゲームを作成します
絵文字:NEWネットワーク同時対戦ゲーム「鬼ごっこ」を作成します
なお、作り上げたゲームは持ち帰る事もできます。

学校 JGマガジン2015 vol.12

平成28年2月23日(火)、情報技術科1年生が、情報技術基礎という授業で、自由課題発表会を行いました。
情報技術基礎では、C言語というプログラミング言語を学習し、1年間の集大成ということで、ゲームや実用ツール等、一人ひとりが自分の作りたいプログラムを作ってきました。
各自がプレゼンテーションを行い、生徒同士で相互評価を行いました。



また、2年生もプログラミング技術という授業で、C言語を用いたゲーム作製の発表会を行いました。
昨年の9月より5ヶ月の間、チームをつくり、それぞれ協力して作品を作ってきました。また、今回はクリプトン・フューチャーメディア株式会社様株式会社ボーンデジタル様ネクセンツ株式会社様早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。
各作品は、生徒同士、教員、外部の方々の総合評価で行いました。



以下、各班が作製したゲームの画像となります。
1班 JUMPER
 
2班 Spleteen
 
3班 school runner
 
4班 DUNGEON OF FORTUNE
 
5班 とりっぴーADVENTURE 
 
6班 UMAフレンズ(仮) 
 
7班 スネーク
 
8班 Flappy Ghost
 
9班 BLUE  PLANET
 
10班 ~RIZUMU~
 
11班 Tower Defense
 
12班 トシモン
 


学校 JGマガジン2015 vol.11

平成28年1月27日(水)、情報技術科2年生を対象に「情報通信ネットワークについて」というテーマで、「プロフェッショナルに学ぶ事業」が行われました。
本校情報技術科の卒業生である、株式会社ミライトの笠原 駿一 様に講師をして頂きました。
笠原様は、平成25年、26年、「情報ネットワーク施工」の競技において、技能五輪全国大会に出場しています。
講義の中では、技能五輪大会の様子や光融着接続のデモンストレーション、LAN・同軸作成体験などが行われました。





学校 JGマガジン2015 vol.10

平成28年1月21日(木)、課題研究発表会を行いました。
課題研究とはチームを作り、生徒自身が興味を持ったテーマを1年かけて取り組む、3年生の授業です。
今年度は11チームが、以下のテーマに取り組みました。
 班テーマ分類作品概要 
 1 絵文字:パソコンソフトウェア
  Webアプリケーション
 絵文字:良くできました OKリアルタイム通信ができるお絵かきツールの開発
  使用言語:HTML+Java
 2 絵文字:パソコンソフトウェア
  Androidアプリケーション
 絵文字:良くできました OK運動促進をさせる音楽アプリの開発
  使用言語:Java
 3 絵文字:パソコンソフトウェア
  Androidアプリケーション
 絵文字:良くできました OK物体の計測ができるアプリの開発
  使用言語:Java
 4 絵文字:パソコンシステム開発
  Webアプリケーション
 絵文字:良くできました OK情報技術科の入退室管理システムの開発
  使用言語:Java wwwサーバの構築
 5 絵文字:パソコンソフトウェア
  コンパイラ
 絵文字:良くできました OK独自のC言語コンパイラの製作
  使用言語:C、Visual Basic
 6 絵文字:パソコンソフトウェア
  ゲーム開発
 絵文字:良くできました OKRGBを用いたアドベンチャーゲームの製作
  使用言語:C++
 7 絵文字:パソコンコンテンツ
  Webコンテンツ
 絵文字:良くできました OK県内アニメ聖地と周辺紹介のWebベージの製作
  使用言語:HTML
 8 絵文字:パソコンコンテンツ
  CG映像
 絵文字:良くできました OKコンテスト向けCG映像作品の製作
  使用ソフト:Adobe After Effects CC、Autodesk Maya
 9 絵文字:パソコンハードウェア
  ライントレース
 絵文字:良くできました OKコンテスト向けライントレースカーの製作
  使用言語:C
 10 絵文字:パソコンハードウェア
  LEGOロボット
 絵文字:良くできました OKコンテスト向けレゴロボットの製作
  使用言語:NXTソフトウェア
 11 絵文字:パソコンハードウェア
  電子工作
 絵文字:良くできました OKマイコンを用いたコンテスト作品とクアッドコプターの製作
  使用言語:Arduino

また、今回は株式会社アール・インフィニティ様クリプトン・フューチャーメディア株式会社様株式会社ボーンデジタル様ネクセンツ株式会社様早稲田文理専門学校様にお越しいただき、指導講評をしていただきました。
ありがとうございました。

3年生の皆さん、1年間、お疲れ様でした。


課題研究発表会の様子

多くの作品がコンテストで賞を受賞

チームごとのプレゼンテーション

ゲーム開発の作品

LEGOロボットの作品

運動促進音楽アプリ「SOUND WALKER」

学校 JGマガジン2015 vol.9

情報技術科3年生の河原 桃花 さん、大島 慧也 君、小林 奈々 さん、佐々木 咲弥 さんのグループが、第20回さいたまホームページコンテストに応募しました。


作品名「埼玉県聖地巡礼サイト」は、アニメ、小説、ドラマで、埼玉県内を舞台としたものを集め紹介したホームページです。
紹介した地域を多くの方々に訪れていただき、地域活性化に繋がればと考え、制作しました。


先日、審査結果を頂き、以下の賞を受賞いたしました。
・経済産業省関東経済産業局長賞
・高校・大学・専門学校の部最優秀賞
・日刊工業新聞社賞
おめでとう絵文字:重要絵文字:重要



作品は、(社)埼玉県情報サービス産業協会様のホームページで公開予定です。
追記 平成28年1月21日から、「埼玉県聖地巡礼サイト」を閲覧することができるようになりました。

学校 JGマガジン2015 vol.8

11月22日(日)、第25回埼玉県工業高校生アイディアロボットコンテストが
大宮ソニックシティで行われました。 
情報技術科3年生が参加し、以下の賞を受賞しました。
●ライントレース部門 
 4位 吉沢 烈 君
 7位・アイディア賞 鳥山 裕人 
 
●ライントレースレゴ部門 
 優勝 奥沢 翔太 
 準優勝 内堀 美幸 さん

おめでとう絵文字:重要

 

学校 JGマガジン2015 vol.7

11月22日(日)、第25回埼玉県工業高校生プログラミングコンテストが大宮ソニックシティで行われました。
多くの情報技術科3年生が作品を提出しました。
審査の結果、以下の賞を受賞しました。
●競技部門
 最優秀賞 倉橋 優人 君、白畑 和馬 君、戸嶋 佳祐 君
 優秀賞 大熊 文也 君、鈴木 悠司 君

●ホームページ部門
 優秀賞 大島 慧也 君、河原 桃花 さん、小林 奈々 さん、佐々木 咲弥 さん

●プログラミング部門
 優秀賞 小泉 美月 さん、酒井 元輝 君、三森 柚輝 君、八木 利章 君
 優秀賞 奥野 知大 君、戸嶋 佳祐 君、細川 緩 君

おめでとう絵文字:重要

 

学校 JGマガジン2015 vol.6

11月21日(土)、第36回全国高校生プログラミングコンテストが大宮ソニックシティ4回市民ホールで行われました。
競技の結果、情報技術科3年生の大熊 文也 君、倉橋 優人 君、白畑 和馬 君、鈴木 悠司 君、戸嶋 佳祐 君のチームが全国で5位となりました。
おめでとう絵文字:重要 

 

学校 JGマガジン2015 vol.5

9月13日(日)、神奈川工科大学において、マイコン回路デザインコンテスト2015が行われました。
審査の結果、ビギナーズ部門で電子水準器を製作した情報技術科3年生の新井 淳平 君 、上杉 夏未 さん、川島 修 君、鈴木 雄大 君が金賞を受賞しました。
おめでとう絵文字:重要

 

学校 JGマガジン2015 vol.4

8月6日(木)、7日(金)に中学生CG講習会を実施しました。
はじめにAdobe Photoshop CCのインタフェースについて学び、サンプル写真の色調補正などを行いました。
次に、写真の中の物体を複製・除去したり、2つの写真の合成についての講義、演習を行いました。
最後に特殊効果フィルタや文字を加え、オリジナルのポスターを作成しました。

 

 

学校 JGマガジン2015 vol.3

8月3日(月)から3日間、中学生プログラミング講習会を実施しました。
初日は、日本語プログラミング言語「なでしこ」の基本的な使い方を学び、ゲームに登場するキャラクタのデザインも行いました。
2日目、ゲーム中の演出やBGM、人工音声を取り入れ、ゲーム性を高める方法を学びました。
最終日は、一人ひとりがオリジナルのゲーム制作に取り組みました。
全員が真剣にゲーム作りに取り組み、昼食の時間も惜しんでプログラミングを行い、中には、講義開始時間の1時間以上早く会場に来て、作成をしていた中学生もいました。

真剣に取り組んでいます
 

情報技術科の生徒も講師役として活躍しました
 

ゲームが完成後、互いに鑑賞し合いました
 

参加した中学生の作品をいくつか紹介します。
 
 

学校 JGマガジン2015 vol.2

中学生CG講習会のお知らせ

コンピュータや情報技術科に興味のある中学生の皆さん、CG講習会に参加してみませんか?
CG(コンピュータ・グラフィックス)は、映画やテレビなどでも目にする機会が多いと思います。
今回の講習会では、代表的なCGのソフトウェア「PhotoShop」を使って簡単な作品を制作します。
CG/画像処理の経験が無くても、中学生であれば、どなたでも参加できます。
越谷総合技術高校の先生や先輩がやさしく教えますので、ぜひ参加して下さい。

担当 情報技術科 清水



期間
平成27年8月6日(木)、7日(金)

参加申し込み
7月21日(火)より、本校ホームページ上で参加申し込みを行う予定です。
※8月6日と7日は同じ内容ですので、参加希望の方はどちらか1日を指定して下さい。
※定員の20名に達し次第、募集は終了いたします。予めご了承ください。
※保護者の方も一緒に参加できます。

学校 JGマガジン2015 vol.1

中学生プログラミング講習会のお知らせ

コンピュータや情報技術科の勉強に興味のある中学生の皆さん、この夏休みに越谷総合技術高校の講習会に参加して、プログラミングを体験してみませんか?
「プログラミング」とは、コンピュータにあらかじめ命令を教えておく作業のことです。
今回の講習会では、日本語プログラミング言語「なでしこ」を使って迷路探検ゲームのRPGゲームを3日間で作成します。
プログラミングの経験がなくても中学生でしたら、どなたでも参加していただけます。
越谷総合技術高等学校の先生や先輩がやさしく教えますので、ぜひ参加して下さい。

担当 情報技術科 山口

期間
平成27年8月3日(月)から5日(水)までの3日間

参加申し込み
7月21日(火)より、本校ホームページ上で参加申し込みを行う予定です。
※定員の30名に達し次第、募集は終了いたします。予めご了承下さい。

講習会の内容

「なでしこ」という日本語をベースにしたプログラミング言語を使用して、ゲームを作り上げていきます。
キャラクターやマップのデザインも行い、オリジナルゲームを作成しましょう。
なお、作り上げたゲームは持ち帰る事もできます。
時間的に余裕がありましたら、ネットワーク通信等のプログラミングについても行いたいと考えています。

キャラクターデザインの例


プレイ画面の例

第13回高校生ホームページコンテスト

平成27年2月7日(土)に前橋国際大学にて、第13回高校生ホームページコンテストが行われました。
情報技術科3年生の中村 翔太君、須賀 皐介君、横尾 優弥君の作品『草加松原遊歩道 散策ガイド』が、130作品中11作品という狭き門でしたが、決勝戦へ進出となりました。
審査の結果、群馬テレビ賞を受賞しました。
おめでとう絵文字:重要



東京大学出前講義の実施

 9月30日(火)、東京大学大学院の山本博資教授(新領域創成科学研究科複雑理工学専攻)に情報技術科1年生を対象に、「暗号と情報セキュリティ符号化」についての講義をしていただきました。
 はじめに、インターネット上でクレジット番号や個人情報などを安全に送信する技術として、大きな数を素因数分解する難しさを利用したRSA暗号について、分かりやすい説明をしていただきました。



 次に、データを分散させ、その一部が失われても元のデータに復元でき、かつ一部のデータが漏えいしても元のデータへ復元できない秘密分散法についての講義をしていただきました。
秘密分散法については、白黒2値画像を用いて視覚的に分かりやすいサンプルを提示して頂きました。





 さらに、生徒一人ひとりが実際に暗号化したい文字や記号をデザインして、実際にビジュアル秘密分散法の演習を行いました。



 質疑応答では、通信におけるノイズの影響、ビジュアル秘密分散法のカラー化についての方法などの質問がありました。講義を通じて、暗号化の必要性や基本的な原理を理解し、演習では実体験をすることができ興味を持つことができたようです。

学校 JGマガジン2013 vol.7

受賞作品のお披露目
2月2日(日)に所沢市民体育館にて、プロバスケットボール埼玉ブロンコスの試合開始前に
薬物乱用防止啓発CMコンテストで最優秀賞を受賞した作品が放送されました。



試合前にコート内でインタビューを受けました。



今後は浦和レッドダイヤモンズの試合などでも放映される予定です。
最優秀賞を受賞したCMはこちらです。

学校 JGマガジン2013 vol.6


中学生 電子工作教室

平成25年12月21日(土)に本校の情報技術科実習室にて、中学生対象の電子工作教室を開催いたしました。20名の中学生が参加ました。
「電子オルゴールの製作」ということで、午前にハードウェアの製作、午後にプログラミングを行いました。電子オルゴールとはマイコンにメロディーデータを入力すると自動演奏するオルゴールです。

本校の情報技術科生徒がサポートに回りながら作業を行いました。

 
午前の様子。概要説明後、一人1台電子オルゴールを製作。部品をハンダを使って取り付けます。


 
午後の様子。パソコンを使って入れる曲を選び、曲のデータをオルゴールのマイコンに入れます。


 
パソコンを使って作曲、プログラミング、マイコンへの書き込み。


短い時間でしたが、参加していただきありがとうございました。

学校 JGマガジン2013 vol.5

薬物乱用防止啓発CMコンテスト 最優秀賞受賞!!

コンテストの様子

11月23日(土)、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ホールにて行われた、
平成25年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動埼玉大会で開催された『薬物乱用防止啓
発CMコンテスト』において本校から出品した3作品がそれぞれ最優秀賞・入選作品
に選出されました。

最優秀賞 情報技術科3年課題研究班 Cream Pan (井川・米倉・福永・神田)
入選    情報技術科3年 米倉くん
       放送映像技術部 1年生

なお、最優秀賞を受賞した作品については、埼玉県の施設に設置されている電光掲
示板で放映される予定です。