華道部活動報告

華道部活動報告

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材 桜、菜の花

今日の花型 真の第3変化花型(逆勝手)

 いよいよ「春」という花材です。桜と菜の花の2種類なのでシンプルでかえって生けるのが難しいです。鑑賞する人に剣山が見えると無粋ですので、菜の花の葉の部分を利用して剣山を隠すように生けました。花器の水面を見せることで清々しい印象です。

 来週から、学年末考査週間になります。集中して勉強に取り組みましょう。

 

職員玄関 レンギョウ、菜の花、チューリップ

 レンギョウは英名で「ゴールデンベルズ(金の鈴)」と呼ばれるように、早春に鮮やかな黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。庭や公園の生垣にもよく利用されていますから、探してみてくださいね。

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材 蝋梅、ストック、小菊

今日の花型 行の第一変化花型(逆勝手)

 今週は2年生が企業実習なので、1年生と実習期間がずれている2年生という少人数でのお稽古でした。

 「行」の花型は、役枝の真を少し傾けて生ける型です。また「逆勝手」はその方向が向かって右に倒れるように生けます。

 蝋梅(ロウバイ)は、12~2月の春がまだ遠い寒い時期に咲く花です。枝に直接、花が下を向いてつきます。枝にはしなやかさがないので癖をつけづらいため、元々の枝ぶりを活かして生けました。ちなみに普通の「梅」はバラ目バラ科、「蝋梅」はクスノキ目ロウバイ科なので、系統的には遠縁です。

 蝋梅もストックも、とても甘い良い香りがするので、理科室だけ春になりました。

 

 

職員玄関 キバテマリ(黄葉手毬)、雪柳、カーネーション、洋菊

 

 

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材 あずき柳、洋菊、小菊 

今日の花型 行の第一変化花型(本勝手)

 「行」の花型は、主役の枝である真が倒れて、第2主枝の副が立った形です。「変化」がつくと、第2・3主枝の副や体の位置が変わっていきます。「真」の花型よりも少しくつろいだ感じになります。あずき柳はしなやかでくせをつけやすいので、横に倒した主枝にカーブをつけると、より柔らかな感じになります。

 生徒は、先生の生けた見本とテキストを見ながら、先ず自分で生けます。花材はどれも「世界で一つだけの」形をしていますが、1年生ももうどれを主枝にしたらよいか、長さはどのくらいが美しいかを自分で判断できるようになっています。最後に先生のアドバイス受けながら直していただき、写真を撮っておきます。

 

職員玄関 雪柳、ガーベラ、ドラセナ

 写真の白い丸い花が普通のガーベラですが、なんとオレンジの花弁がとがったものもガーベラなのです。ガーベラのバリエーションの多様さには驚かされます。雪柳と普通ガーベラが白なので、特に色も大きさも凄い存在感です。

 

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材  梅、チューリップ

今日の花型  真の第3変化花型(本勝手)

 「真」は主枝を立てて生ける花型です。しかし、この「立て方」にその人のセンスが表れます。シンプルなものほど難しいです。今回の花材は、梅とチューリップ2本でしたので、梅の小枝とチューリップの葉で「あしらい」にしました。

 梅は春を呼ぶ花です。開花時期は1月下旬から3月上旬で、続いて桃、桜と咲いていきます。梅は特に良い香りがするので、理科室が春になりました。 

 

職員玄関   あずき柳、金魚草、ドラセナ

あずき柳は、よく花材になる赤目柳より芽(花穂)が小さく枝も細くてしなやかです。その性質を十分に生かして大小の輪を作り、柔らかく華やかな印象になりました。

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材  赤珊瑚、カーネーション、孔雀ヒバ

今日の花型  自由花

 12月最後のお稽古は毎年、クリスマスらしい花材を用いて、1・2年生ともに自由に生けます。花器も自分の好きなものを使います。

 赤珊瑚は、真っ直ぐに生けたり、手で癖をつけて柔らかい曲線をつけてもよいです。カーネーションは、珍しい白色2本と赤色1本でした。どちらをメインにするかちょっと迷います。孔雀ヒバは、常緑樹ですが寒くなると葉先が黄色く色づきます。今日の花材も色づいて華やかな色合いです。

 最後に、リボンやベルやボールなどのクリスマスの小物で飾りつけをしました。生け花の良さを活かすように、派手になりすぎず、かつ可愛らしくかざりました。どんな仕上げにするか悩むのも、楽しいひと時でした。

 

職員玄関  白ツツジ、カーネーション、ブルーアイス

 2枚並べると、先生の花器のチョイスは2つとも白ですね。低く生けた緑の葉色が鮮やかに映えます。

 後ろの壁に留めてあるクリスマスの飾りは、校長がその季節ごとに作っています。職員や生徒、来校者の気持ちをほんの少し和やかにしてくれます。

 どうぞ、よいクリスマス・お正月をお過ごしください。

 

 

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材
 グラジオラス、ガーベラ、レモンリーフ

今日の花型
1年 真の第二変化花型(逆勝手)(写真)

2年 真の花型の真を借りて自由花

 今日は枝物がグラジオラスでした。「真の花型」は真っ直ぐに立てた花型ですが、花先が1本1本異なるカーブを描いているので、向きを考えて生けました。レモンリーフは、葉の形がレモンの形をしているのでこの名がついていますが、レモンの香りはしません。 

 2年生は、だんだんと応用になっていきます。

 ガーベラの時は、花屋さんがいろいろな花色を入れてくださいます。今回は4種類でした。開けるまで何色かわからなかったので、自分の花材を見た部員が楽しそうに声を上げていました。

職員玄関

 フトイ(太藺)、百合、バーゼリア

フトイは、太い藺草(いぐさ)という意味の、蚊帳吊草科(かやつりぐさか)の水辺に生える草です。真っ直ぐな柔らかい茎を好きな所で折って生けます。百合は、花が重いので立てて生けてあります。今はつぼみですが、咲いたらとても華やかでしょう。

 

 

0

華道部活動報告

華道部活動報告

今日の花材
赤目柳、アイリス、小菊

今日の花型
1年 真の第二変化花型(本勝手)

 枝物は先週同様、赤目柳です。2週連続なので、扱い方が少しわかったかな。
 花は「アイリス」です。アヤメ科の植物で、見た目が似ている花が4つあります。
①アイリス ②アヤメ ③花菖蒲(お風呂に入れる「菖蒲」とは全くの別物) ④カキツバタ
このうち①アイリスだけが地中海の海外原産で、他は日本産です。花が咲くと違いがはっきりするようですが、まだかたいつぼみなので、わかりにくいです。大きく咲くまで元気でいてくれたら、写真を撮っておこうと思います。
 来週から2学期の期末考査が始まるので、次の部活動は考査終了後になります。成績優秀者目指して、十分な勉強をしてほしいです。


職員玄関

雪柳、糸菊、洋菊

0

華道部活動報告

華道部活動報告 

今日の花材
赤目柳、カーネーション、孔雀草

今日の花型
1年 真の第一変化花型(逆勝手)

 「真」は一番長い枝を立てて生けます。届いた赤目柳はピンと伸びた潔い形ですが、そのまま生けるのではありません。手で曲げたりしごいたりして好みの向きに癖をつけます。赤目柳の枝はしなやかなので、折れることなくニュアンスのある枝に変身してくれます。
 カーネーションはよく使う花材です。今日は単色ではなく赤の花びらの縁が白くなっていて美しいです。気温も下がってきたので、生けた花が長く楽しめます。
 今日は学科の活動や委員会などで忙しい日で、最後のまとめの時間までいられない部員が複数いました。それでも時間を作り、生けに来て、先生にアドバイスを受けながらお直しをして行きました。学科と部活動を両立するためには、時間を上手に使う事が大切です。

 

職員玄関
錦木、アナスタシア、アスター

また出ました、錦木(ニシキギ)です。以前紹介したことがありますので、さかのぼってご覧ください。
アナスタシアは洋菊のことです。今回はオレンジがかった黄色の花弁が丸い形になっている大輪です。存在感があり、秋らしいです。他にも白やピンクやグリーン、形も丸いのや花弁が細いものなど様々なバリエーションがあります。

0

華道部活動報告

華道部活動報告 

 10月26日(土)27日(日)は文化祭でした。たくさんのご来場ありがとうございました。
 先生の作品は、花器の木枠から自分で製作したものです。毎年、そのセンスに感心しています。文化祭終了後は、生徒玄関の図書室前に飾っています。
 生徒は、いろいろな花型で生けています。まだまだ未熟ですが、いつもより少し豪華な花で、どの花がきれいとか、この枝は難しいとか言いながら、楽しく生けられました。顧問は自由花で生けました。次回の部活は、文化祭の反省会をしてから、お菓子を食べながらお疲れさま会をします。

先生の作品

 


生徒の作品




0

華道部活動報告

華道部活動報告 
今週の報告をする前に。
10月26日(土)27日(日)は文化祭です。華道部はHR棟2階3年6組の教室で、作品の展示をしています。ご来場の際は是非お寄りいただき、作品をご鑑賞ください。花はわからなくても、よい香りに包まれて癒されることと思います。

今日の花材

 アカシア、ガーベラ、ソリダコ

今日の花型
 1年生 草の第2変化花型 本勝手(写真) 

 アカシアの開花時期は春なので、花はついていません。自然の枝の形そのままで生けがちでしたが、先生から、枝の向きを活かしつつも向けたい方向に手で癖をつけながら生けるように教えていただきました。
 ガーベラの開花時期は、春と秋の2回あります。写真は黄色ですが、花屋さんはいつもピンクやオレンジなど色とりどりの花を入れてくださいます。花の部分が重いので、足をつけて生けました。
 「草の花型」は「真」を低く傾斜させていけるのが特徴です。



職員玄関

カンガルーポー、大輪ガーベラ、ひだかシダ
 
 大輪ガーベラは、生徒のガーベラの直径の2倍はあろうかという大輪です。ギラギラしている感じです。
カンガルーポーは、オーストリア原産の多年草で、花がカンガルーの前足のような形なのでこの名前がついています。カンガルーの足を見たことがないのですが、似ているんでしょうか?



0
活動紹介
華道部について
 
 部員数    女 17名
 
 活動日    月曜日
 
 活動場所   理科室
 
 部長から一言
        部活内はとても和やかな雰囲気で、落ち着いています。学年に関係なく部員みんな仲良しです!
        初心者でも、先生が丁寧に指導してくださるので大丈夫です。
        私も最初は初心者でした。でも続けていくうちにだんだん上達できます。
        学科との両立も無理なくできます。
        3年間続ければ、初伝のお免状もとることができます。
 ※ 龍生派の先生に指導していただき、基礎から学んでいきます。
   文化祭では学年を追うごとに上達しているのが感じられる展示を目指しています。
   
  普段の活動の様子
進度に合わせて、学年ごとに違う花型のお稽古をします。
3年生は、文化祭を目標に自由花を生けるようになります。


文化祭の展示の様子
中央手前の花は先生の作品、中央奥が3年生の自由花、
周囲に1,2年生の基本の花型です。

クリスマスには、飾りつけを楽しみます。
それぞれの個性が出ます。


3月の最後のお稽古は、フラワーアレンジです。
パステルカラーの花々と良い香りが、春を連れてきてくれます。
0 0 9 5 9