課題研究について
課題研究とは、3年間の総まとめとして、各自の興味・関心や進路先などを踏まえて
研究のテーマを設定するものです。
1年間かけて、研究テーマについて、自ら考え、調べ、学習し、グループで協力しながら
課題に取り組んでいくことで、問題解決能力や成果をまとめる能力を養います。
技術的にはもちろん、精神的成長にも繋がる授業です。
平成30年度
平成30年度課題研究 研究テーマ一覧

●1班  「通知アプリケーションの開発」
 簡単かつ使いやすいAndroid用通知アプリケーション
 日時だけでなく、GPSと連動し場所でも通知ができる
☆第28回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 優良賞

●2班  「ARを用いたカメラアプリケーションの開発」
 カメラで撮影しながら直接文字が描ける
 Android用カメラアプリケーション

●3班  「情報技術科用プログラミング学習支援システムの開発」
 本校情報技術科で学ぶ、1年生の「情報技術基礎」の学習支援システム
 PHPを利用したサーバ構築により、ログイン管理が可能

●4班  「情報技術科用の入退室管理システムの開発」
 バーコードリーダーとExcelのマクロを使用した入退室管理システム
 データ管理が可能となり、許可証の登録が迅速に行える
☆第28回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 優良賞

●5班  「災害避難シミュレータの開発」
 学校、職場、あらゆる場所の図面を読み込み、災害避難シミュレートを行うことができる
 カスタマイズ性が高く、人数や配置、障害物、火事の状況も任意で設定可能
☆第28回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 最優秀賞

●6班  「特別支援学校教材開発 -値札作成ソフト-」
 昨年に引き続き、日本工業大学と連携し、越谷西特別支援学校のために新たに開発した教材ソフト
 シンプルでより使いやすいソフトを開発。HTML5で構成されローカルで起動できる
☆第28回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 優秀賞

●7班  「高校生向け越谷周辺食めぐりWebサイトの制作」
 越谷周辺の4店舗の飲食店を特集したホームページ
 思い出づくりを支援するための掲示板機能もついている

●8班  「ゲームの面白さを伝える映像作品の制作」
 ゲームの面白さを伝えることをテーマにした映像作品
 MayaやAfterEffectsを使用した2Dと3DCGを組み合わせた作品

●9班・10班・11班  「LEGOロボット」
 レゴマインドストーム使用し、機体を1から考え組み立て、
 フィードバック制御や自動制御を行う
9班 ☆WRO Japan北関東:帝京大学 レギュラーカテゴリー(エキスパート部門) 優勝
    第15回 WRO Japan決勝大会 出場
11班☆WRO 北関東:帝京大学 レギュラーカテゴリー(エキスパート部門) 準優勝


●12班 「自転車装備用健康志向サイクルコンピュータの製作」
 Arduinoとホールセンサなどのセンサを用いたサイクルコンピュータ
 脱水症状防止のための水飲みタイミングを通知する機能を追加している





平成29年度
平成29年度課題研究 研究テーマ一覧
●1班  「チャットシステムの開発」
 情報技術科内のSNSアプリケーションの開発
 Raspberry piによるサーバーの構築

●2班  「運動促進アプリケーションの開発」
 ウォーキングのモチベーションを保つAndroidアプリケーション
 加速度センサーで揺れを検知し、消費カロリーを表示させる

●3班  「スマートフォン用動画編集アプリケーションの開発」
 初心者向けシンプルなワンタッチ動画編集Androidアプリケーション
 HTML5やJavaScriptを使用し、ローカルで起動できる

●4班  「プログラム開発支援ツールの開発」
 ソースプログラムをフローチャートに変換できるソフト
 フローチャートからソースコードも生成される相互変換可能な開発支援
☆第27回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 優秀賞

●5班  「論理思考学習ソフトの開発」
 物理演算を用いた2Dパズルで論理的思考を学習するソフト
 オブジェクトをゴールに導くことでクリアとなる

●6班  「特別支援学校教材開発 -名刺作成ソフト-」
 日本工業大学と連携し、越谷西特別支援学校のために開発した教材ソフト
 シンプルで余計なツールをなくし、HTML5で構成されローカルで起動できる
☆第27回埼玉プログラミングコンテスト プログラミング部門 優良賞

●7班  「外国人観光客向け埼玉伝統工芸紹介Webサイトの制作」
 外国人観光客向けに埼玉の伝統工芸が体験できる場所を紹介するWebサイト
 英語と日本語を切り替えることができる
☆第27回埼玉プログラミングコンテスト ホームページ部門 最優秀賞
☆彩の国さいたまICTコンテスト 埼玉県知事賞 富士通賞


●8班  「ネットワークの仕組みを可視化する映像作品の制作」
 ネットワークの仕組みをテーマにした映像作品
 MayaやAfterEffectsを使用した3DCG作品

●9班・10班・11班  「LEGOロボット」
 レゴマインドストーム使用し、機体を1から考え組み立て、
 フィードバック制御や自動制御を行う

●12班 「災害時でも使える多機能時計の製作」
 PICマイコンとドットマトリクスLEDを使用した時計を製作
 回路の設計、部品のはんだづけ、プログラムを自分たちで行った
☆神奈川工科大学マイコン回路デザインコンテスト2017 製作技術賞 後閑特別賞
フォトギャラリー ~情報技術科の風景~
0 0 9 6 3